南貴樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南 貴樹
Minami Takaki.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミズーリ州カンザスシティ
生年月日 (1992-10-23) 1992年10月23日(24歳)
身長
体重
199 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト3位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

南 貴樹(みなみ たかき、1992年10月23日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学1年時から野球を始め、中学時代はシニアに所属し全国ベスト8を経験。

浦和学院高校進学後は2年夏に公式戦初登板。2年秋からは登板機会を増やし、3年春は主戦として関東大会優勝に貢献。3年夏は県準決勝で敗退し、甲子園出場はならなかった。

2010年10月28日プロ野球ドラフト会議にて福岡ソフトバンクホークスから3位指名を受ける[1]

プロ入り後[編集]

2011年から主に三軍で登板するが、制球難イップスに悩まされ、四球を連発して1アウトも取れずに降板する試合もあった。

2012年も三軍戦12試合に登板したが、12.1イニングで17四球3死球と乱れ、防御率13.86と散々な成績に終わった。シーズン中盤には色々な視点を勉強する為に外野手で出場しながら打席に立っている。同年秋のフェニックスリーグでは2試合に登板し4イニングを1四球無失点に抑え、制球難に改善の兆候が現れた。

2013年10月7日に球団から戦力外通告を受けた[2]ものの、11月13日に育成選手として再契約することが発表された[3]

2014年10月5日に球団から戦力外通告を受けた[4]。10月31日、自由契約公示された[5]

選手としての特徴[編集]

198cmの長身から最速145km/hの角度あるストレートを投げ込み、これに加えてカットボールスライダーカーブチェンジアップを投げ分ける。

人物[編集]

アフリカ系アメリカ人を持つハーフで、3歳の時に来日する。外国人に間違えられ、英語で話しかけられることがあるが、自身は日本語しか話せない[6]

プロ志望届提出の際には両親からは進学を勧められたが、小さい頃からプロ志向が強く、シニア入団と高校進学の決め手としたのは強くて厳しい環境だったという[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 59 (2011年 - 2013年)
  • 123 (2014年)

脚注[編集]

  1. ^ ドラフト会議で高校生No.1捕手の山下選手ら11人の選手を指名”. 福岡ソフトバンクホークス (2010年10月28日). 2014年4月4日閲覧。
  2. ^ 来季契約について”. 福岡ソフトバンクホークス (2013年10月7日). 2014年4月4日閲覧。
  3. ^ 【ソフトB】南、伊藤、中原らと育成契約 日刊スポーツ、2013年11月13日配信
  4. ^ 来季契約についてソフトバンク球団公式サイト2014年10月5日配信
  5. ^ 2014年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年11月7日閲覧。
  6. ^ “ハーフ球人”南「日本語しか話せない」”. nikkansports.com (2014年2月12日). 2014年4月4日閲覧。
  7. ^ 『野球小僧』10月号、白夜書房、雑誌18801-10、160-163頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]