南解次次雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南解次次雄
新羅
第2代国王
Silla-monarch(1-12).png
王朝 新羅
在位期間 4年 - 24年
都城 金城
生年 不詳
没年 24年9月以降
赫居世居西干
閼英夫人
后妃 雲帝夫人(または阿婁夫人)
陵墓 虵陵
南解次次雄
各種表記
ハングル 남해 차차웅
漢字 南解次次雄
発音: ナメ・チャチャウン
日本語読み: なんかい・じじゆう
ローマ字 Namhae Chachaung
テンプレートを表示

南解次次雄(なんかい じじゆう、生年不詳 - 24年)は、新羅の第2代の王(在位:4年 - 24年)であり、姓は朴。二聖と称される新羅始祖赫居世居西干閼英夫人との間の長男。

治世[編集]

紀元4年3月に赫居世の死去を受けて即位した。同年7月には楽浪の侵入を受けて首都の金城が何重にも包囲された。このとき、王は自らの不徳を嘆いて群臣にどうするべきかを尋ねたところ、臣下の者は「我々が喪に服していることを恃んで賊が攻めてきたのであって、天佑は賊には及ばないであろうから、恐れることはない」と言った。やがて楽浪の兵は引き上げた。

賢者の昔脱解(後の第4代王の脱解尼師今)の噂を聞きつけて取立て、王の長女を嫁がせ、10年7月には大輔の役につかせ、軍事及び政治を任せた。

14年には倭人が兵船100艘余りで攻め寄せ、海岸の民家を略奪した。これに対して六部の精兵を派遣したところ、手薄になった首都を楽浪軍に攻められた。しかし、流星が楽浪軍の陣に落ちたため、彼らは恐れて引き上げたという。さらに六部の兵を送って追撃させたが、賊軍が多いので追撃は中止となった。

24年の9月以降に在位21年にして死去し、始祖赫居世の陵である虵陵(現在地未詳)の域内に葬られた。

王の称号[編集]

三国史記』及び『三国遺事』では金大問(8世紀の新羅の学者)の解説として、「次次雄」は「慈充」ともいい、巫(シャーマン)を表す語とし、鬼神に仕えるシャーマンへの畏怖から転じて尊称になったとする。また、こうした称号に現われることから、新羅初期の社会はシャーマニズムの支配する部族社会であったと見られている。

参考文献[編集]