南白亀村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南白亀村
廃止日 1955年2月11日
廃止理由 新設合併
白潟町関村南白亀村白子町
現在の自治体 白子町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
長生郡
隣接自治体 長生郡白潟町、関村、豊岡村
山武郡大網白里町
南白亀村役場
所在地 千葉県長生郡南白亀村
 表示 ウィキプロジェクト

南白亀村(なばきむら)とは、千葉県長柄郡(のちに長生郡)にかつて存在した村である。現在の白子町の北部にあたる。

概要[編集]

村名は南白亀川に由来し、川の名は、平安時代に方から白い蛇を背にして海岸に渡来したことによるといわれる。その白蛇は、御神体の「南白亀様」として白子神社に祀られたとされ、白子町立南白亀小学校にその名をとどめる。

なお、白子神社は、久安3年(1147年)に旧関村の南白亀川沿いの現鎮座地へ遷祀し、新町名の白子町の由来にもなっている。また、弘治元年(1555年)には紀州漁師西之宮久助が剃金村に漂着し、紀州漁法である地引き網を伝えたとされ、九十九里浜いわし発祥の地ともされる。

沿革[編集]

関連項目[編集]