南琉球方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南琉球語群
話される地域: 先島諸島沖縄県
言語系統: 日本語族
 琉球語派
  南琉球語群
下位言語:
Ryukyuan dialects map.png

南琉球方言(みなみりゅうきゅうほうげん)または先島方言(さきしまほうげん)は沖縄県先島諸島で話される琉球語方言である。宮古方言八重山方言与那国方言から成る。これら各方言を言語とみなす立場からは、日本語族琉球語派の南琉球語群(みなみりゅうきゅうごぐん)と言い、下位言語に宮古語、八重山語、与那国語を置く。エスノローグではSakishima languages(先島語(群))としている[1]。3言語とも危機に瀕する言語であり、このうち与那国語と八重山語は「重大な危機」、宮古語は「危険」とされている[2]

分類[編集]

南琉球語方言は北琉球方言と姉妹群を成し、日本語族の琉球語に含まれる。さらに下位言語が宮古方言、八重山方言、与那国方言に分かれる。

文字体系[編集]

漢字ひらがなカタカナを用いるが、与那国方言では独自のカイダ文字が創作されている。

脚注[編集]

  1. ^ Sakishima at Ethnologue
  2. ^ UNESCO Atlas of the World's Languages in danger”. Unesco.org. 2015年8月17日閲覧。