南浦特別市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯38度44分 東経125度24分 / 北緯38.733度 東経125.400度 / 38.733; 125.400

南浦特別市
チョソングル 남포특별시
漢字 南浦特別市
マッキューン=ライシャワー式 Namp'o T'ŭkpyŏlsi
文化観光部2000年式 Nampo Teukbyeolsi
情報
面積 2,629.4 km2 (1,015.2 sq mi)
人口 (2008) 455,000
人口密度 173 /km2 (450 /sq mi)
政府 特級市
行政区画 35洞、16里
地方 関西
方言 平安
位置
DPRK2006 Pyongnam-Nampo.PNG
衛星写真。写真の右側から左側にうねりながら流れるのは大同江。川の北岸にあるのが南浦市街、写真の左端にあるダムが西海閘門

南浦特別市(ナムポとくべつし)は、朝鮮民主主義人民共和国の西部にある都市。平壌の外港として重要な貿易港、工業都市である。市名は鎮南浦に由来する。1979年から2004年までは直轄市に位置付けられ、2004年以降は平安南道に属する「特級市」となった。

2010年に政府直轄の「特別市」になったという観測があり、大韓民国統一部も「特別市」への変更が行われたと発表しているが、特級市から特別市への変更が行われたかについて留保する見解もある[1]

地理[編集]

大同江河口から39km上流にある港湾都市。北側は直轄市の平壌、南側は黄海北道と接する。

行政区画[編集]

2区域・36洞・15里を管轄する。

  • 港口区域(ハンググヨク)
    • 上大頭洞(サンデドゥドン)
    • 中大頭洞(チュンデドゥドン)
    • 下大頭洞(ハデドゥドン)
    • 漢頭洞(ハンドゥドン)
    • 駅前洞(ヨクチョンドン)
    • 文化洞(ムヌァドン)
    • 柳沙洞(リュサドン)
    • 上碑石洞(サンビソクトン)
    • 中碑石洞(チュンビソクトン)
    • 下碑石洞(ハビソクトン)
    • 後浦洞(フポドン)
    • 海岸洞(ヘアンドン)
    • 港口洞(ハングドン)
    • 仙倉洞(ソンチャンドン)
    • 建国一洞(コングギルトン)
    • 建国二洞(コングギドン)
    • 文艾洞(ムネドン)
    • 恩徳洞(ウンドクトン)
    • 島智里(トジリ)
    • 新興里(シヌンリ)
    • 漁湖里(オホリ)
    • 葛川里(カルチョンリ)
    • 徳海里(トケリ)
    • 羽山里(ウサンリ)
    • 芝沙里(チサリ)
    • 剣山里(コムサンリ)
    • 東箭里(トンジョンリ)
    • 椒島里(チョドリ)
  • 臥牛島区域(ワウドグヨク)
    • 芝山洞(チサンドン)
    • 麻沙洞(マサドン)
    • 南興洞(ナムンドン)
    • 龍井洞(リョンジョンドン)
    • 龍水洞(リョンスドン)
    • 南山洞(ナムサンドン)
    • 進水洞(チンスドン)
    • 西興洞(ソフンドン)
    • セギル洞(セギルトン)
    • 馬山洞(マサンドン)
    • 会倉洞(フェチャンドン)
    • 臥牛島洞(ワウドドン)
    • 鎮島洞(チンドドン)
    • 大代洞(テデドン)
    • 体育村洞(チェユクチョンドン)
    • 玉泉台洞(オクチョンデドン)
    • 閘門一洞(カンムニルトン)
    • 閘門二洞(カンムニドン)
    • 花島里(ファドリ)
    • 新寧里(シンニョンリ)
    • 蘇康里(ソガンリ)
    • 嶺南里(リョンナムリ)
    • 松観里(ソングァンリ)

歴史[編集]

日露戦争時、満州に向かう途上で南浦に上陸した日本軍

李氏朝鮮時代までは小さな漁村に過ぎなかったが、1894年日清戦争日本軍の兵站基地となり、1897年開港し、鉄道も敷設されて急速に発展した。

1945年までは「鎮南浦」と呼ばれ、平安南道に属した。1905年には統監府の地方官署である理事庁が置かれた。日本による韓国併合後の1913年には府制が施行され、鎮南浦府に位置付けられた。

1979年12月、龍岡郡大安市を編入して直轄市に昇格し、平安南道から分離した(南浦直轄市)。

2004年1月9日、行政区画の再編が行われて南浦直轄市は廃止され、平安南道に編入された。中心部は南浦特級市となり、郊外の区域は南浦から切り離されて郡となった。「特級市」は道に属する行政区分であり、この名を持つ行政区分は同国初である。

2011年2月15日に大韓民国統一部は、「南浦特別市」への変更が行われたとの見解を発表した。

年表[編集]

この節の出典[2]

  • 1906年 - 平安南道三和郡を鎮南浦府に改編。
  • 1910年 - 平安南道所属の鎮南浦府が発足。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、平安南道鎮南浦府を分割し、鎮南浦港付近の区域(元唐面の一部)を新たな鎮南浦府として指定する。残りの地域が龍岡郡に編入。
  • 1939年 - 龍岡郡大代面の一部を編入。
  • 1950年 - 鎮南浦府が南浦市に改称。
    • 龍岡郡大代面・陽谷面の各一部を編入。
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、平安南道龍岡郡多美面・吾新面・陽谷面の各一部が南浦市に編入。南浦市に以下の洞・里が成立。(16洞7里)
    • 大頭洞・漢頭洞・碑石洞・新興洞・芝山洞・麻沙洞・龍井洞・三和洞・杻洞洞・海岸洞・後浦洞・龍水洞・火山洞・南山洞・馬山洞・億両機洞・島智里・新興里・高霊里・柳沙里・寒鶴里・漁湖里・文艾里
  • 1960年 (15洞8里)
    • 大頭洞が分割され、上大頭洞・中大頭洞・下大頭洞が発足。
    • 碑石洞が分割され、上碑石洞・中碑石洞・下碑石洞が発足。
    • 新興洞が分割され、南興洞・西興洞が発足。
    • 三和洞・杻洞洞が龍井洞に編入。
    • 海岸洞が漢頭洞に編入。
    • 火山洞・南山洞が龍水洞に編入。
    • 馬山洞が馬山里に降格。
  • 1961年 (15洞8里)
    • 南興洞の一部が龍井洞に編入。
    • 西興洞の一部が億両機洞に編入。
  • 1963年3月 (19洞12里)
    • 龍岡郡葛川里・羽山里・徳海里、温泉郡大代里・花島里を編入。
    • 後浦洞・龍水洞の各一部が合併し、南山洞が発足。
    • 下碑石洞・漢頭洞の各一部が合併し、港口洞が発足。
    • 下碑石洞・漢頭洞の各一部が合併し、海岸洞が発足。
    • 馬山里が馬山洞に昇格。
  • 1965年 (25洞10里)
    • 上碑石洞の一部が分立し、文化洞が発足。
    • 西興洞・馬山洞の各一部が合併し、セギル洞が発足。
    • 柳沙里・馬山洞の各一部が合併し、会倉洞が発足。
    • 柳沙里の残部・上大頭洞の一部が合併し、柳沙洞が発足。
    • 島智里が島智洞に昇格。
    • 漢頭洞の一部が分立し、駅前洞が発足。
  • 1967年 (27洞10里)
    • 花島里の一部が分立し、鎮島洞が発足。
    • 南山洞の一部が分立し、仙倉洞が発足。
  • 1972年 - 島智洞が島智労働者区に降格。(26洞10里1労働者区)
  • 1974年5月 (27洞10里)
    • 温泉郡蘇康里・嶺南里・新寧里を編入。
    • 高霊里が大代里に編入。
    • 寒鶴里・島智労働者区が合併し、島智洞が発足。
    • 文艾里が新興里に編入。
  • 1977年 - 大代里が大代洞に昇格。(28洞9里)
  • 1979年12月 - 平安南道南浦市・大安市・龍岡郡を同道から独立させ、南浦直轄市として再編。(1区域1市1郡、旧南浦市28洞9里)
  • 1981年 (1区域1市1郡、旧南浦市29洞9里)
    • 億両機洞が進水洞に改称。
    • 大代洞の一部が分立し、臥牛島洞が発足。
  • 1983年 (5区域1郡、旧南浦市29洞9里)
  • 1984年 (5区域1郡、旧南浦市29洞13里)
    • 龍岡郡の一部(吾新里・多美里・月梅里)が大安区域に編入。
    • 龍岡郡の一部(芝沙里・劔山里・東箭里)が港口区域に編入。
    • 島智洞が分割され、建国洞・島智里が発足。
  • 1986年12月 - 平安南道大同郡の一部(大宝山里・八青里・班石里)が江西区域に編入。(5区域1郡、旧南浦市29洞13里)
  • 1986年末 - 江西区域の一部(大宝山里・八青里・班石里)が平安南道大同郡に編入。(5区域1郡、旧南浦市29洞13里)
  • 1987年 - 平安南道大同郡の一部(大宝山里および八青里の一部)が江西区域に編入。(5区域1郡、旧南浦市29洞13里)
  • 1988年7月 (5区域1郡、旧南浦市30洞14里)
    • 黄海南道殷栗郡の一部(松観里)が臥牛島区域に編入。
    • 嶺南里・蘇康里の各一部が合併し、閘門洞が発足。
  • 1989年 - 江西区域の一部が千里馬区域に編入。(5区域1郡、旧南浦市30洞14里)
  • 1991年当時は面積約1,000km²、人口約807,000人であった。
  • 1993年12月 (5区域1郡、旧南浦市32洞14里)
    • セギル洞の一部が分立し、体育村洞が発足。
    • 大代洞の一部が分立し、玉泉台洞が発足。
  • 1995年 (5区域1郡、旧南浦市35洞14里)
    • 建国洞が分割され、建国一洞・建国二洞が発足。
    • 新興里の一部が分立し、文艾洞が発足。
    • 中大頭洞の一部が分立し、恩徳洞が発足。
  • 1996年 - 黄海南道クァイル郡の一部(椒島里)が港口区域に編入。(5区域1郡、旧南浦市35洞15里)
  • 1999年6月 (5区域1郡、旧南浦市36洞15里)
    • 閘門洞が閘門一洞に改称。
    • 松観里の一部が分立し、閘門二洞が発足。
  • 2004年1月9日 - 朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会が出した政令により、南浦直轄市が廃止。同市の地域が平安南道に編入され、次のように再編された。(36洞15里)
    • 港口区域・臥牛島区域を平安南道南浦特級市に再編。市内の区域は廃止。
    • 江西区域を平安南道江西郡に改称。
    • 千里馬区域を平安南道千里馬郡に改称。
    • 大安区域を平安南道大安郡に改称。
    • 龍岡郡を平安南道龍岡郡に改称。
  • 2010年 - 平安南道南浦特級市・江西郡・大安郡・温泉郡・龍岡郡・千里馬郡を独立させ、南浦特別市を新設。(2区域5郡、旧南浦市36洞15里)

社会[編集]

産業[編集]

西海閘門

植民地時代から平壌の外港として朝鮮北部最大の貿易港であり、貿易額は釜山仁川に次ぐ第3位だった。また精錬所[3]を始め、ガラス造船化学工業が発達し、漁業も盛んだった。現在はガラス、機械、有色金属類が中心となっている。

市内の工業団地には韓国統一教会系企業との合弁企業平和自動車の工場があり、乗用車が生産されている[4]

大同江の河口には「西海閘門(ソヘカンムン、さいかいこうもん)」と呼ばれる巨大な河口ダムが建設されている。ダム湖内部は淡水化され、堤防上には鉄道(西海閘門線)と道路が作られ対岸同士を結び、南浦港に入る大型船が通るための閘門も複数設置されている。堤防は治水と水運・交通のために建設されたもので、1980年代に朝鮮人民軍などを投入して大々的に工事が進められ、1986年に完成した。この巨大工事は金正日の指導の賜物とされ、朝鮮中央放送のテレビニュースのバックにもしばしば登場している。

教育[編集]

  • 南浦大学
  • 西海大学

交通[編集]

平壌の海の玄関口として海運、河川航路、鉄道、道路が発達し、北朝鮮の海外貿易の中心である。

鉄道[編集]

高速道路[編集]

1998年に完工した青年英雄道路韓国語版が南浦と平壌を繋いでいる。

文化・観光・施設[編集]

観光地[編集]

  • 臥牛島遊園地:市内中心から西南方へ10kmの地点にある小さな山。以前は島であったが、今は陸地とつながっている。頂上に東屋があり、ボート乗り場、休養所、花草園、バレーボールコート、バスケットボールコートなどがある。
  • 西海閘門:朝鮮西海の海域8kmを塞き止めて建設した世界的な閘門。1986年に完工。堰堤の上には鉄道、車道、歩道が敷かれてある。閘室を5万トン級の船舶が通過できる。
  • 台城湖: ピョンヤンから西へ30余km離れている山中の湖。ゴルフ場、少年団キャンプ場、休養所がある。

遺跡[編集]

南浦周辺には、新石器時代の巨石墓や高句麗時代の壁画古墳、山城が残る。

かつて南浦直轄市に含まれていた龍岡郡江西郡の壁画古墳は、2004年に指定されたユネスコ世界遺産高句麗古墳群」の一部を構成する。ユネスコの資料では以下の古墳が「南浦」(Nampho)地区に所在すると記載されており[5]、これに従って南浦市に所在すると記載されることがあるが、直轄市の解体により現在は市域外にある。

  • 江西三墓(江西郡) - 徳興里古墳から西方へ7kmの地点にある7世紀中葉の高句麗古墳壁画。現在まで知られている古墳の中で最も優れた壁画である。
  • 徳興里古墳(江西郡) - 1976年末~1977年初に発掘された。
  • 修山里古墳(江西郡)
  • 薬水里古墳(江西郡)
  • 龍岡大墓(龍岡郡)
  • 双楹塚(龍岡郡)

脚注[編集]

  1. ^ 朝鮮行政区域変更に関する韓国統一部の発表について(日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館、2011年2月15日) - レファレンス共同データベース
  2. ^ 남포시 역사
  3. ^ 日本統治時代、「鎮南浦精錬所煙突」は高層建築物(182m)として年鑑に載っていた。社団法人・同盟通信社『時事年鑑・昭和14年版』1938年(昭和13年),652頁
  4. ^ “統一グループ、北朝鮮と合弁の平和自動車から撤退”. 中央日報日本語版 (中央日報). (2012年11月27日). http://japanese.joins.com/article/862/163862.html 2012年11月27日閲覧。 
  5. ^ (英語)Maps - Complex of Koguryo Tombs - UNESCO

関連項目[編集]