南横浜火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南横浜火力発電所
南横浜火力発電所(2008年2月)
南横浜火力発電所の位置(神奈川県内)
南横浜火力発電所
神奈川県における南横浜火力発電所の位置
正式名称 東京電力株式会社南横浜火力発電所
日本の旗 日本
所在地 神奈川県横浜市磯子区新磯子町37-1
座標 北緯35度24分15.6秒 東経139度38分13.7秒 / 北緯35.404333度 東経139.637139度 / 35.404333; 139.637139 (南横浜火力発電所)座標: 北緯35度24分15.6秒 東経139度38分13.7秒 / 北緯35.404333度 東経139.637139度 / 35.404333; 139.637139 (南横浜火力発電所)
現況 運転中
運転開始 1号機:1970年5月
2号機:1970年4月
3号機:1973年5月
事業主体 東京電力
発電所
主要動力源 LNG
発電機数 3基
熱効率 42.4%(LHV)
発電量
定格出力 総出力:115万kW
  1号機:35万kW
  2号機:35万kW
  3号機:45万kW
ウェブサイト
東京電力 南横浜火力発電所
2016年4月1日現在
テンプレートを表示
左側が南横浜火力発電所。右側の蒸気を出していない煙突は電源開発磯子火力発電所。

南横浜火力発電所(みなみよこはまかりょくはつでんしょ)は神奈川県横浜市磯子区新磯子町37-1にある東京電力天然ガス火力発電所

概要[編集]

1970年に1号機が運転を開始、3号機までが建設された。世界初のLNG専焼火力発電所である。LNGは東京電力が調達した上で、隣接する東京ガス根岸LNG基地に気化作業を委託している。隣接地には石炭専焼火力である電源開発磯子火力発電所がある。

発電設備[編集]

  • 総出力:115万kW(2016年4月1日現在)[1]
  • 敷地面積:約17万m2
  • 発電方式:汽力発電方式
1号機
定格出力:35万kW
使用燃料:LNG
熱効率:42.4%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1970年5月
2号機
定格出力:35万kW
使用燃料:LNG
熱効率:42.4%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1970年4月
3号機
定格出力:45万kW
使用燃料:LNG
熱効率:42.4%(低位発熱量基準)
営業運転開始:1973年5月

アクセス[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]