南旺グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南旺グループ(なんおうグループ)は、眼鏡コンタクトレンズの製造・販売の一貫体制をとるメーカーである。

オグラ眼鏡店市ヶ谷店(東京都新宿区市ヶ谷)

概要[編集]

1941年日本橋に「小倉眼鏡店」創業。戦後は東京都の主要ターミナルを中心として「小倉メガネ店」を出店。

1962年にはコンタクトレンズの製造のための子会社「レインボーオプチカル研究所」が、日本の国産初となるコンタクトレンズの製造・販売申請を当時の厚生省(現・厚生労働省)から承認を受け、更に1972年にはやはり日本初のソフトコンタクトレンズの製造・販売を手掛ける。

1991年、児童・青少年向けのメガネ専門店「こどもメガネ・アンファン」の1号店を原宿にオープン(のちに1994年新宿小田急百貨店に移転)。

現在、東京都神奈川県千葉県群馬県栃木県静岡県大阪府に店舗を展開している。

構成企業[編集]

小売部門[編集]

  • 株式会社オグラ(眼鏡) 創業当初は「株式会社小倉眼鏡店」。1985年に現社名。
  • 株式会社プラザアイ(コンタクトレンズ) 1962年にレインボーオプチカル研究所直営のクリニック第1号店を開業。1993年に分社・独立

製造・卸し部門[編集]

  • 南旺光学株式会社(眼鏡・コンタクトレンズ製造・卸し) 1954年創業
  • 株式会社レインボーオプチカル研究所(コンタクトレンズ製造) 1959年に南旺光学より分社・独立して設立

外部リンク[編集]