南市区 (上海市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 南市区
[[|←]] - 2000年
簡体字 南市
繁体字 南市
拼音 Nánshì
カタカナ転記 ナンシー
国家 中華人民共和国
行政級別 市轄区
建置
廃止 2000年 
面積
- 総面積 km²
人口

南市区(なんし-く)は中華人民共和国上海市にかつて存在した市轄区。上海旧市街全域及び現在の陸家浜地区、浦東南地区を含む上海で最も歴史の古い地区である。

区名の由来は1842年道光22年)に締結された「南京条約」により上海が開港されると、イギリス政府は新開川北岸から蘇州河南岸に租界を設置した。上海人はイギリス租界を北市(現在の黄浦区及び静安区)と称し、その南側を南市と称したことによる。

元代1292年至元29年)から1933年民国22年)まで上海県の県治が設置されていた。

行政区画としては1927年(民国16年)に設置された瀘南区を前身とする。1945年(民国34年)に瀘南区は廃止となり邑廟区及び蓬莱区に分割されたが、1960年に両区が統合され南市区が設置された。

1993年黄浦江東岸が新たに開発された浦東新区に編入、2000年には黄浦江西岸が黄浦区に編入され南市区は廃止された。

中国地名の変遷
建置 1927年
使用状況 2000年廃止
中華民国瀘南区
廃止(1945年)
現代南市区(1960年)
廃止(2000年)