南太平洋 (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブロードウェイの南太平洋

南太平洋』(みなみたいへいよう、South Pacific)は、1949年初演のブロードウェイミュージカルジェームズ・ミッチナーの小説『南太平洋物語』(Tales of the South Pacific 1947年)が原作。作曲はリチャード・ロジャース、脚本・作詞はオスカー・ハマースタイン2世1950年トニー賞を受賞。

あらすじ[編集]

太平洋戦争の真最中、南太平洋のある島が舞台。ここに海兵隊のジョセフ・ケーブル中尉が任務を帯びてやってきたところからストーリーは始まる。戦争の悲劇の中、対日作戦に協力するフランス出身の農園主エミール・デ・ベックと、島の海軍の看護婦ネリー・フォーブッシュ、ジョセフと島の土産物屋メリーの娘リアットとの恋を描く。

映画[編集]

南太平洋
South Pacific
監督 ジョシュア・ローガン
脚本 ポール・オズボーン
製作 バディ・アドラー
製作総指揮 ジョージ・P・スコーラス(ノンクレジット)
出演者 ミッツィー・ゲイナー
ロッサノ・ブラッツィ
ジョン・カー
音楽 リチャード・ロジャース(原曲)
アルフレッド・ニューマン(音楽監督)
撮影 レオン・シャムロイ
編集 ロバート・L・シンプソン
製作会社 マグナ・コーポレーション
配給 マグナ・シアター・コーポレーション/20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年3月19日
日本の旗 1959年11月10日
上映時間 171分(70ミリ・ロードショー版)
157分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約6,000,000ドル
興行収入 36,800,000ドル(北米興収)
17,000,000ドル(北米配収)
テンプレートを表示

1958年にアメリカで映画化された。ブロードウェイ版の監督であるジョシュア・ローガンが映画版でもそのまま監督をし、出演はミッツィー・ゲイナー(ネリー・フォーブッシュ役)、ロッサノ・ブラッツィ(エミール・デ・ベック役)、ジョン・カー(ジョセフ・ケーブル役)など。2時間51分の上映時間で完成し、先行ロードショーの後2時間38分に編集されて公開された。

当時は珍しかった2ヶ月に及ぶ大規模なロケーション撮影が、ハワイカウアイ島で敢行されて話題になった。しかしせっかくの美しい風景に、様々な色のカラー・フィルターを歌ごとにかけるという重大な演出ミスがあったため(それは舞台の照明切替を意識したものだったのだが)批評家の意見は賛否が分かれ、アカデミー作品賞でも『恋の手ほどき』(Gigi)に大きく差をつけられる結果になった。

しかし、映画公開に先行して発売されたサウンドトラックが人気を牽引する形となり、興行的には国内外で大成功をおさめ、1950年代を代表する人気映画の一つとなった(映画の製作費500万ドルに対し、全米配給収入だけで1850万ドルを稼ぎ出している)。

キャスト[編集]

日本での公演[編集]

1966年(初演)
1979年
1984年(宝塚歌劇団月組公演)
1999年
2013年(宝塚歌劇団・星組公演)
2015年


主なキャスト
  1966年 1979年 1984年
月組
1999年 2013年
星組
2015年
エミール・ド・ベック 高島忠夫 宝田明 剣幸 滝田栄 轟悠専科 別所哲也
ネリー・フォーブッシュ 越路吹雪 安奈淳 春風ひとみ 一路真輝 妃海風 藤原紀香
ジョー・ケーブル中尉 岡田真澄 旺なつき 真風涼帆 渡辺大輔[# 1]
藤田玲[# 1]
リアット 二木てるみ 仁科有理 綺咲愛里 中根百合香[# 1]
田中祥恵[# 1]
ブラッディ・メリー 坂本スミ子 常盤幸子 英真なおき(専科) ちあきしん[# 2]
ジョージ・ブラケット大佐 汝鳥伶 一樹千尋(専科) 磯部勉
ウィリアム・ハービソン中佐 星原美沙緒 美稀千種 青木鉄仁
ルーサー・ビリス 一文字新 美城れん 太川陽介
  1. ^ a b c d ダブルキャスト。
  2. ^ 歌唱指導も担当。

主なナンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

映画
舞台