南利明 (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南 利明(みなみ としあき、1945年12月15日 - )は、日本の法学者。専門は法哲学静岡大学情報学部情報社会学科名誉教授。

第二次大戦以後の再生自然法思想、特に大戦後の自然法概念再評価のきっかけとなったナチス・ドイツに注目して、関連する論考を発表している。

学歴[編集]

経歴[編集]

  • 1972年 - 静岡大学教養部講師
  • 1976年 - 静岡大学教養部助教授
  • 1992年 - 静岡大学教養部教授
  • 1995年 - 静岡大学情報学部教授
  • 2004年から2007年までは情報学部学部長を兼任。
  • 2011年 - 静岡大学名誉教授

著書[編集]

主要論文[編集]