南レバノン軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
South Lebanon Army(SLA)
جيش لبنان الجنوبي
レバノン内戦に参加
活動期間 1979年~1984年(AFL)
1984年~2000年(SLA)
指導者 サアド・ハッダート英語版
アントワーヌ・ラハド英語版
兵力 2,700-3,000
前身 自由レバノン軍(AFL)
関連勢力 イスラエルの旗 イスラエル国防軍(IDF)
レバノン軍団(LF)
レバノンの旗 レバノン防衛隊
タイガースミリシア
敵対勢力 レバノンの旗 レバノン国民運動
InfoboxHez.PNG ヒズボラ
Flag of the Amal Movement.svg アマル
Flag of the Syrian Social Nationalist Party.svg シリア社会民族党
Flag of the Lebanese Communist Party.svg レバノン共産党
レバノンの旗 レバノン軍(レバノン政府軍)
レバノンの旗 JAMMOUL
パレスチナの旗 パレスチナ解放機構(PLO)
シリアの旗 シリア軍
Flag of the United Nations.svg UNIFIL

南レバノン軍(South Lebanon Army 又は South Lebanese Army)は、レバノン南部に存在した民兵組織である。略称はSLA

概要[編集]

1970年代後半、内戦状態のレバノンで、当時レバノン政府軍の将校としてレバノン南部に赴任したサアド・ハッダート英語版少佐が組織した民兵組織が前身である。キリスト教徒であったサアド・ハッダート少佐は、レバノンがシリア軍PLOに侵食される事を良しとせず、民兵組織を立ち上げ敵対勢力と戦っていた。1978年にイスラエル国防軍がPLOの支配地域であるファタハ・ランドを攻撃するためレバノン南部に侵攻した際(リタニ作戦)、ハッダート少佐の組織と協力し、その後ろ盾となって、1979年、ハッダート少佐をリーダーとする自由レバノン軍(Army of Free Lebanon – 略称はAFL)が組織された。自由レバノン軍にはイスラエルから余剰兵器などが供与され、イスラエル国防軍やキリスト教マロン派の民兵組織であるレバノン軍団(LF)と協力しながらPLOやシリア勢力との戦いを続け、1982年のガリラヤの平和作戦時にもイスラエル軍と共闘し、PLOをレバノン南部から放逐する事に成功するが、1984年にハッダート少佐が病死してしまった。イスラエル軍は自由レバノン軍の新たな指導者としてアントワーヌ・ラハド英語版准将を送り込み、自由レバノン軍は、南レバノン軍に改名した。 南レバノン軍はその後もレバノン南部で活動を続けていたが、ガリラヤの平和作戦以後、PLOに変わって、イランホメイニ師がレバノンに派遣したイラン革命防衛隊により訓練を受けたヒズボラが勢力を伸ばしており、戦局は彼らにとって決して有利では無かった。2000年に、イスラエルのエフード・バラック首相の政策によってイスラエル軍がレバノン南部から撤退すると、もはや南レバノン軍のみで戦線を維持する事は困難になり、南レバノン軍は解散状態となり、ラハド准将はイスラエルに亡命し、構成員も散り散りになってしまった。ヒズボラや政府軍に投降した者も多かったが、一部の構成員はラハド准将と共にイスラエルに渡り、モサドの指揮下で非正規戦に従事したとも言われる。

装備[編集]

南レバノン軍は主にイスラエル国防軍から支援(余剰兵器の供与)を受けた。それ以外に敵対勢力からも鹵獲を行っており、結果として西側と東側の武器を併用していた。

南レバノン軍によって運用された軍用車両や戦車の中には、独特の青い塗装が施されたものも見られる。

装備品の例[編集]

小火器 - UZIガリルAK-47H&K G3FN FALM16自動小銃FN MAGRPD軽機関銃PKT

対戦車兵器 - RPG-7M72 LAWTOW9M14、B-300対戦車ミサイル

火砲 - BM-21M-46 130mmカノン砲ソルタムM66 160mm迫撃砲

車両 - M325M151ハンヴィー

装甲車両 - M3ハーフトラックM113装甲兵員輸送車ZSU-23-4BTR-60BTR-50BTR-152

戦車 - スーパーシャーマン(M50 Mk.II)T-55(イスラエルにより改修されたチランも含む)、M48パットンFV4101 チャリオティアAMX-13

航空機 - セスナ 206SA 341ヘリコプター

軍服や携行品などもイスラエル製のものが多く、OR-201ヘルメットやタディラン社製無線機を使用していた。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、南レバノン軍に関するカテゴリがあります。