南ペルー共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南ペルー共和国
República Sud-Peruana      Republic of South Peru
ペルー 1836年 - 1839年 ペルー・ボリビア連合
南ペルーの国旗 南ペルーの国章
(国旗) (国章)
南ペルーの位置
濃緑が南ペルー共和国、濃緑と薄緑がペルー・ボリビア連合の領土
公用語 スペイン語
首都 タクナ
大統領
xxxx年 - xxxx年 不明
面積
428,406km²
人口
494,883人
変遷
建国 1836年3月17日
ペルー統一 1839年8月25日

南ペルー共和国は現ペルーの南部に設立された短命国家。ペルー・ボリビア連合の構成国でもあった。 首都はタクナであった。人口は494,883人。面積は現ペルーの約1/3(428,406km²)であった。


建国[編集]

1836年にボリビアの大統領アンドレス・デ・サンタ・クルスがペルーの支配者であるアグスティン・ガマーラ英語版を破り、ペルーを南北に分割し、北ペルー共和国と南ペルー共和国に分けて統治した。そしてペルー・ボリビア連合が結成され、ボリビアと統合された。

消滅[編集]

だがガマーラを中心としたペルーの政治家はチリに亡命し、連合結成に脅威を抱いていたチリ、アルゼンチンに呼び掛け、軍を結成した。そして連合戦争スペイン語版英語版が起こり、1839年8月25日にペルー・ボリビア連合の支配者であったサンタ・クルスが亡命して連合崩壊と戦争終結となった。この時にペルーも統一、独立となりこの共和国も消滅した。