南スラウェシ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南スラウェシ州
Sulawesi Selatan
South Sulawesi coa.png
州の標語: -
IndonesiaSouthSulawesi.png
座標 北緯4度20分 東経120度15分 / 北緯4.333度 東経120.250度 / 4.333; 120.250座標: 北緯4度20分 東経120度15分 / 北緯4.333度 東経120.250度 / 4.333; 120.250
州都 マカッサル
知事 Syahrul Yasin Limpo
面積 62.482,54 km²
人口 8.034.776 (2010)
民族 マカッサル族ブギス族トラジャ族
宗教 イスラム教プロテスタントカトリック
言語 マカッサル語、ブキス語、トラジャ語、マンダル語
時間帯 WITA (UTC+8)
ISO ID-SN
公式サイト www.sulsel.go.id/

南スラウェシ州(みなみスラウェシしゅう、インドネシア語:Sulawesi Selatan, 略:Sulsel)は、インドネシアスラウェシ島の南西半島部にある。州都はマカッサル(旧称ウジュン・パンダン)。

1964年に、南・南東スラウェシ州が南スラウェシ州と南東スラウェシ州に分離する。南端部にマカッサル族、中央部にブギス族、北部山間地域にトラジャ族が住んでいる。2004年10月には、同州から西スラウェシ州が分離した。

スラウェシ島内では、この地域が最も人口密度が高い。広く稲作がおこなわれている。北部のトラジャ地方は、観光地やコーヒーの生産地として知られる。

行政区分[編集]

南スラウェシ州は20の県と3つの市部に分けられている。マミナサタ広域都市圏は、マカッサル市、マロス県、ゴワ県、タカラール県の1市3県で構成され、人口約200万人を擁する東部インドネシア最大の都市圏である。

[編集]

  1. バンタエン県英語版 - (バンタエン: Bantaeng)
  2. バル県英語版 - (バル: Barru)
  3. ボネ県英語版 - (ワタムポネ英語版)
  4. バルクムバ県英語版 - (バルクムバ: Bulukumba)
  5. エンレカン県英語版 - (エンレカン: Enrekang)
  6. ゴワ県英語版 - (スングミナサ: Sungguminasa)
  7. ジェネポント県英語版 - (ジェネポント: Jeneponto)
  8. ルウ県英語版 - (パロポ: Palopo)
  9. 東ルウ県英語版 - (マリリ: Malili)
  10. 北ルウ県英語版 - (マサムバ英語版)
  11. マロス県英語版 - (マロス英語版)
  12. パンカジェネ諸島県英語版 - (パンカジェネ: Pangkajene)
  13. ピンラン県英語版 - (ピンラン: Pinrang)
  14. セラヤール県英語版 - (ベンテン: Benteng)
  15. シンジャイ県英語版 - (シンジャイ: Sinjai)
  16. シデンレン・ラパン県英語版 - (シデンレン: Sidenreng)
  17. ソップン県英語版 - (ワタンソプン英語版)
  18. タカラール県英語版 - (タカラール: Takalar)
  19. タナ・トラジャ県英語版 - (マカレ英語版)
  20. ワジョ県英語版 - (センカン英語版)

[編集]

  1. マカッサル
  2. パロポ英語版
  3. パレパレ英語版

[編集]