南ウラル鉄道支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南ウラル鉄道から転送)
Jump to navigation Jump to search
ロシア鉄道南ウラル鉄道支社
Филиал ОАО «РЖД» - Южно-Уральская железная дорога
ChelyabinskTheMain-RailwayStation.jpg
チェリャビンスク駅
設置 1934年
支社所在地 ロシアの旗ロシア連邦
チェリャビンスク市
電信コード
路線総延長 4,935km

南ウラル鉄道支社ロシア語: Южно-Уральская железная дорога)は、ロシア鉄道公開株式会社Филиал ОАО «РЖД»)の支社の一つであり、1934年に創設された。オレンブルク州チェリャビンスク州クルガン州サマラ州スヴェルドロフスク州サラトフ州バシコルトスタン共和国のロシア鉄道線を管轄する。また、一部路線はカザフスタン領内を経由する。本部はチェリャビンスクに設置されている。

歴史[編集]

1934年以前はウラル鉄道またはペルミ鉄道に所属していた路線群である。チェリャビンスク・エカテリンブルク鉄道は1880年代から1890年代初頭に建設され、シベリア鉄道の南ルートの一部になった。オレンブルク・サマーラ鉄道は1877年に開業した。さらに1901年にはオレンブルクタシュケントを結ぶトランス・アラル鉄道の建設が開始され、1906年に全通した[1]。いくつかの路線はヨシフ・スターリンによる工業化時代にマグニトゴルスクの鉄鋼コンビナートの輸送を支えた。

路線[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]