学校法人きのくに子どもの村学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きのくに子どもの村学園
きのくに子どもの村学園ロゴ
法人番号 5170005004818
創立者 堀真一郎
創立 1992年
所属学校
  • きのくに子どもの村小学校・中学校
  • きのくに国際高等専修学校
  • かつやま子どもの村小学校・中学校
  • 南アルプス子どもの村小学校・中学校
所在地 和歌山県橋本市彦谷51
ウェブサイト 公式サイト
Project.svg プロジェクト:学校/学校法人の記事について
Portal.svg Portal:教育
テンプレートを表示

きのくに子どもの村学園(きのくにこどものむらがくえん)は、京都大学教育学部出身、元大阪市立大学教授の堀真一郎が、イギリスのサマーヒルスクールなどを範として創立した学校法人。堀真一郎は、当初、学園長、現在は理事長を務めている。

学園は、きのくに子どもの村小学校(1992年)、きのくに子どもの村中学校(1994年)、きのくに国際高等専修学校(1998年)、かつやま子どもの村小学校(1998年)、かつやま子どもの村中学校(2001年)、南アルプス子どもの村小学校(2009年)及び南アルプス子どもの村中学校(2012年)から構成される。括弧内は開校年。
学校法人九州自然学園が設置し、福岡県北九州市小倉南区に所在する北九州こどもの村小学校(2006年開校)及び北九州子どもの村中学校(2011年開校)は系列校である。さらに、児童数の減少で閉校した東彼杵町の旧旧音琴小学校校舎に、児童・生徒100人規模の小、中学校2校を2019年4月新設する準備中[1]。また、イギリス・スコットランドで、サマーヒルと並んできのくに子どもの村の自由教育のモデルとなったキルクハニティ・ハウス・スクールが、イギリス教育省から度重なる視察と訓告で1996年、平行に追い込まれたところ、2001年6月、きのくに子どもの村がその土地建物を買い取り、キルクハニティ子どもの村という名称で、子どもたちの短期留学、異文化教育の活動拠点として活用している。

和歌山県橋本市と、堀真一郎の出身地でもある福井県勝山市並びに山梨県南アルプス市及び福岡県北九州市小倉南区に設置校・系列校がある。

教育理念は、自己決定、個性、体験の尊重。教師も児童生徒も同じ一票を持つミーティングを重視。

教育思想や実践は、A・S・ニールおよびジョン・デューイの流れを汲み、モデル校になったのは、A・S・ニールがイギリスに作った自由学校サマーヒル・スクールなど。

設置校及び系列校[編集]

おもな出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西日本新聞2018年1月13日 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/386178/ 2018年6月19日閲覧

参考文献[編集]

  • 堀真一郎『きのくに子どもの村 私たちの小学校づくり』ブロンズ新社 1994年 ISBN 4893090879
  • 堀真一郎『自由学校の設計 きのくに子どもの村の生活と学習』黎明書房 1997年 ISBN 465401599X
  • 堀真一郎『自由学校の子どもたち きのくに子どもの村のおもしろい人々』黎明書房 1998年 ISBN 4654016074

関連項目[編集]

外部リンク[編集]