卓渓郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花蓮県の旗 花蓮県 卓渓郷
別称: 乾渓・太平
地理
Karen takkeikyou.svg
位置 北緯23°20'
東経121°17'
面積: 1,021.3130 km²
各種表記
繁体字: 卓溪郷
日本語読み: たっけい
漢語: Zhōuxí
通用: Jhuosi
注音符号: ㄓㄨㄡ ㄒㄧˊ
片仮名転写: ヂョウシー
行政
行政区分:
上位行政区画: 花蓮県の旗 花蓮県
下位行政区画: 6村106鄰
政府所在地: -
卓渓郷長: 蘇正清
公式サイト: 卓渓郷公所
情報
総人口: 6,128 人(2014年1月)
戸数: 1,663 戸(2014年1月)
郵便番号: 982
市外局番: 03
卓渓郷の木: -
卓渓郷の花: -
卓渓郷の鳥: -

卓渓郷(たっけいきょう)は台湾花蓮県

地理[編集]

卓渓郷は花蓮県南西部に位置し、北は万栄郷と、東は瑞穂郷玉里鎮富里郷と、西は南投県信義郷高雄市桃源区と、南は台東県海端郷とそれぞれ接し、県内で面積第2位、全国でも第5位の郷鎮である。中央山脈上に位置するため、郷内の95%以上が山地となり、地勢は極めて厳しく、平地は中央山脈東麓の河谷平原が存在するのみである。住民の多くは原住民であるブヌン族であり、その他少数ながらタイヤル族タロコ族が居住している。

歴史[編集]

卓渓郷は旧名を「乾渓」と称し、本地の渓流が降雨時以外は干上がるために命名された。ブヌン族は18世紀中期に中央山脈東側のこの地に移動し定住していた。日本統治時代中期に原住民に対する集団移住政策が採用され、1933年には八通関沿いのターフン社、タルナス社が現在の卓渓郷の地域に集団移住をし、警察による統治を受けていた。現在の集落の大部分はこの時の集団移住により形成された。戦後当初は玉里鎮富里郷の管轄とされたが、1946年に分割され「太平郷」が設置された。その後同名の郷鎮が存在したことから1950年に「卓渓郷」と改称され現在に至っている。

経済[編集]

行政区[編集]

  • 卓渓村
  • 太平村
  • 崙山村
  • 立山村
  • 卓清村
  • 古風村


歴代郷長[編集]

氏名 任期

教育[編集]

国民中学[編集]

国民小学[編集]


交通[編集]

種別 路線名称 その他
省道 台18線

観光[編集]

  • 玉山国家公園
  • 瓦拉米古道
  • 南安瀑布
  • 花東縦谷国家風景区
  • 崙天布農園区

外部リンク[編集]