半田弘之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

半田 弘之(はんだ ひろし、1931年3月20日 - 2017年12月28日)は、元競輪選手

日本競輪学校が誕生する以前に競輪選手登録された期前選手。三重県の出身で、デビュー当初は三重を登録地としていたものの、程なくして登録地を大阪府に移した。マーク、追い込み型の選手として、1958年全国都道府県選抜競輪・2000m競走(一宮競輪場)及び、立川競輪場で開催された1959年の同大会同種目でも優勝を果たした。

選手生活の晩年になって、郷里の三重に戻り、四日市競輪場をホームバンクとしていた。1988年4月26日選手登録削除。通算勝利数864。

エピソード[編集]

  • 山本清治の引退レースとなった、大阪住之江競輪場で開催された、1961年11月のレースに勝利している(山本は2着)。
  • 四日市競輪場に、現役時代に使用していた自転車が展示されていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
加藤晶
都道府県選抜2000m優勝者
1958年第15回・1959年
次代:
竹野暢勇