半井桃水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

半井 桃水(なからい とうすい、1861年1月12日万延元年12月2日) - 1926年大正15年)11月21日)は、日本小説家

本名は冽(「きよし」、または「れつ」)だが「洌」との表記もある。幼名は泉太郎(せんたろう)。

略歴[編集]

半井湛太郎・藤の4人弟妹の長男として対馬厳原藩、現在の長崎県対馬市厳原町に生まれる。父の仕事の関係で少年期は釜山で過ごす。家計を助けるため12歳から釜山で働き始めるが、英語を学ぶため日本へ戻され、進学する。10代の中ごろに上京して尺振八共立学舎に学び、いくつかの新聞社を転々としたあと(1888年明治21年)に東京朝日新聞の記者となり、朝鮮語が話せることから通信員として釜山に7年間駐在する。

翌年、同紙上に「唖聾子」を掲載、続いて「しぐれ縁」「海王丸」などで新聞小説家としての地位を確立、三崎町の新開地で葉茶屋「松濤軒」も経営していた。1891年(明治24年)から連載した長編「胡沙吹く風」が代表作。同年、樋口一葉が門下に加わる。一葉の処女作「闇桜」は桃水の校閲を経て『武蔵野』に発表された。しかし翌年、一葉は門下を離れた。一葉と恋人関係にあったという噂が当時からあった。その後死去まで三百編以上の小説を書いたが、今では読む人もいない。その他の著名な作品に「天狗廻状」「義民加助」などがある。長唄や俗曲などにも詳しくいくつかの作詞をしている。

1926年11月21日、脳溢血のため福井県敦賀市の病院で死去。戒名は観清院謡光冽音居士[1]

未だに本格的な伝記はないが、対馬市厳原町中村の生家跡とされる場所に半井桃水館がある。

著作[編集]

  • 『小町奴』今古堂、1889年
  • 『業平竹』金桜堂、1890年
  • 『葉やま繁山』今古堂、1890年
  • 『一樹の蔭』今古堂、1891年
  • 『海王丸』今古堂、1891年
  • 『開化の復讐』今古堂、1891年
  • 『春一枝』今古堂、1891年
  • 『水の月』今古堂、1891年
  • 『目鬘』今古堂、1891年
  • 『夢』金桜堂、1891年
  • 『下闇』金桜堂、1892年
  • 『花あやめ』今古堂1892年
  • 『かたみがはり』金桜堂、1893年
  • 『胡砂吹く風』今古堂、1893年
  • 『人椅子・花の涙』今古堂、1893年
  • 『海賊灘右衛門』精完堂、1894年
  • 『侠客梅堀の巌松』金桜堂、1895年
  • 『懺悔』薫志堂、1895年
  • 『長尾拙三』今古堂、1895年
  • 『鐘供養』金桜堂、1896年
  • 『土屋源弥』金桜堂、1896年
  • 『短銃』金桜堂、1896年
  • 『根あがり松』駸々堂、1900年
  • 『人斬上戸』駸々堂、1900年
  • 『鶯笛』金桜堂、1901年
  • 『雪と炭』至誠堂、1901年
  • 『小猿』至誠堂、1901-1902年
  • 『写絵』春陽堂、1903年
  • 『狂ひ咲』春陽堂、1903年
  • 『慰問袋』日高有倫堂、1906年
  • 『子宝』日高有倫堂、1908年
  • 『濡衣』日高有倫堂、1908年
  • 『天狗廻状』文禄堂書店、1908年[2]
  • 『萩の下露』日高有倫堂、1908年
  • 『姿見ず橋』星文館、1914年
  • 『実録忠臣蔵』隆文館、1914年
  • 『高砂』法木書店、1916年
  • 日蓮新潮社、1916年
  • 『義民加助』白鳥社、1916年
  • 大石内蔵之助』(第1-4巻)博愛館、1917年
  • 伝教大師』伝教大師千百年御遠忌事務局、1921年
  • 『長唄研精会の沿革』法人書店、1921年
  • 『江の島しるべ』横沢次郎、1922年
  • 土居通夫君伝』野中昌雄、1924年

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)247頁
  2. ^ モデルとなった事件については斎藤彦内を参照。

参考文献[編集]

  • 『近代文学研究叢書25』昭和女子大学、1966年
  • 塚田満江『半井桃水研究』丸ノ内出版、1986年
  • 上垣外憲一『ある明治人の朝鮮観 半井桃水と日朝関係』筑摩書房、1996年

外部リンク[編集]