午後の恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

午後の恋人』(ごごのこいびと)は、フジテレビ系列で1979年5月23日から9月12日まで『平岩弓枝ドラマシリーズ』(水曜21時00分 - 21時54分)で放送されたテレビドラマ。

あらすじ[編集]

アパレル商社の名門、佐伯商事の2代目で専務の佐伯信吉(高橋昌也)は、結婚して20年になる妻・明子(若尾文子)との間に子供がなかった。ところがある日、年若きファッションモデルで愛人の千枝子(樹れい子)から妊娠を告げられ、明子に子供のために離婚してくれと言い出す。それを受け入れ、独り身となった明子は、コーヒー専門店の経営に乗り出す。また、年下で長唄鼓方の若き跡取りの樋口浩之(市川海老蔵)と出会い、恋に落ちる。

キャスト[編集]

テーマ曲[編集]

スタッフ[編集]

フジテレビ 平岩弓枝ドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
日本のおんなシリーズ
午後の恋人
日蔭の女