升田憲元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
升田憲元

升田 憲元(ますだ のりもと、1875年明治8年)8月15日[1] - 1949年昭和24年)5月10日[2])は、日本の衆議院議員立憲民政党)。弁護士

経歴[編集]

島根県飯石郡赤名村(現在の飯南町)に難波常八郎の子として生まれ、伯母升田きしの養子となった[1]1900年(明治33年)11月21日、陸軍士官学校(12期)を卒業し、1901年(明治34年)6月25日、歩兵少尉に任官[3]日露戦争への従軍を経て、陸軍大尉に累進した[2]1912年(明治45年)、京都帝国大学法科大学政治科を卒業し、1913年大正2年)には法律科を卒業した[2]高等文官試験に合格し[1]陸軍省参事官岐阜県不破郡長、同本巣郡長、国勢院事務官、同書記官大蔵事務官、国勢院総裁秘書官を歴任し[2]1922年(大正11年)に退官して弁護士を開業した[1]。その後、芝区会議員に選出された[1]

1936年昭和11年)、第19回衆議院議員総選挙に出馬し当選を果たした。

その他、カーネギー国際平和財団日本経済調査員、帝国在郷軍人会本部法律顧問、陸軍軍法会議指定弁護士を務めた[2]

著書[編集]

  • 『兵役税論 兵役の神髄』(1913年、東京堂書店)

親族[編集]

  • 細田吉蔵 - 六女の夫。衆議院議員、運輸大臣、防衛庁長官。
  • 細田博之 - 孫。衆議院議員、内閣官房長官。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『大衆人事録』
  2. ^ a b c d e 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  3. ^ 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年、165頁。山崎正男編『陸軍士官学校』秋元書店、1969年、232頁。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年