千鳥町駅 (東京都)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千鳥町駅
駅舎(五反田方面、2012年7月)
駅舎(五反田方面、2012年7月)
ちどりちょう
Chidorichō
IK11 久が原 (0.9km)
(1.1km) 池上 IK13
所在地 東京都大田区千鳥一丁目20番1号
駅番号  IK 12 
所属事業者 TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄
所属路線 IK 池上線
キロ程 8.0km(五反田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
15,682人/日
-2016年-
開業年月日 1926年大正15年)8月6日[1]
備考 1936年昭和11年) 慶大グラウンド前駅から改称[1]
テンプレートを表示
駅舎(蒲田方面)
駅舎(蒲田方面)
ホーム(2008年8月)
ホーム(2008年8月)
駅名標交換前の五反田方面駅舎(2005年6月)
駅名標交換前の五反田方面駅舎(2005年6月)

千鳥町駅(ちどりちょうえき)は、東京都大田区千鳥一丁目にある、東京急行電鉄池上線である。駅番号IK12

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。以前は池上線では唯一の跨線橋を持つ駅であったが、下り線ホーム側に駅舎・改札(有人通路なし)が増設された際に跨線橋が撤去された結果、上下線で駅舎・改札が別となり、改札内でのホーム間移動は不可能となった。

サービスマネジャー導入駅のため蒲田駅から遠隔監視している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 IK 池上線 下り 蒲田方面
2 上り 雪が谷大塚旗の台五反田方面

利用状況[編集]

2016年度の一日平均乗降人員は15,682人である[2]。近年の1日平均乗降人員乗車人員は下記のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
出典
1990年(平成02年) 6,159 [* 1]
1991年(平成03年) 6,087 [* 2]
1992年(平成04年) 5,962 [* 3]
1993年(平成05年) 5,910 [* 4]
1994年(平成06年) 5,477 [* 5]
1995年(平成07年) 5,404 [* 6]
1996年(平成08年) 5,258 [* 7]
1997年(平成09年) 5,219 [* 8]
1998年(平成10年) 4,907 [* 9]
1999年(平成11年) 4,902 [* 10]
2000年(平成12年) 5,071 [* 11]
2001年(平成13年) 5,318 [* 12]
2002年(平成14年) 5,258 [* 13]
2003年(平成15年) 11,740 5,484 [* 14]
2004年(平成16年) 11,238 5,773 [* 15]
2005年(平成17年) 12,077 6,160 [* 16]
2006年(平成18年) 12,700 6,485 [* 17]
2007年(平成19年) 13,109 6,672 [* 18]
2008年(平成20年) 13,700 6,952 [* 19]
2009年(平成21年) 13,758 6,970 [* 20]
2010年(平成22年) 13,902
2011年(平成23年) 14,012
2012年(平成24年) 14,392
2013年(平成25年) 14,895
2014年(平成26年) 15,021
2015年(平成27年) 15,365
2016年(平成28年) 15,682

駅周辺[編集]

駅名の由来[編集]

開業当時の駅名である「慶大グラウンド」とは、現在の大田区千鳥二丁目付近にあった慶應義塾大学運動場(慶應義塾大学新田球場)のことで、運動場の最寄り駅として設置されたのが由来。設置当初は東京六大学野球などが開催された場合のみに営業した臨時駅であったが、のちに正式な駅に昇格した。なお、運動場と新田球場は1941年(昭和16年)に横浜市港北区日吉に移転しており、跡地は住宅地や保育園になっている。

現駅名の「千鳥町」は、改称された当時の地名(東京市大森区調布千鳥町)に由来する。

隣の駅[編集]

TokyuLogotype.svg 東京急行電鉄
IK 池上線
久が原駅 (IK11) - 千鳥町駅 (IK12) - 池上駅 (IK13)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

東京都統計年鑑

参考文献[編集]

  • 宮田道一 『東急の駅 今昔・昭和の面影』 JTBパブリッシング、2008年9月1日ISBN 9784533071669

関連項目[編集]

外部リンク[編集]