千葉県民の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2017年6月水無月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

千葉県民の日(ちばけんみんのひ)とは、日本千葉県1984年に制定した記念日のひとつで、毎年6月15日である。

経緯[編集]

1873年明治6年)6月15日木更津県印旛県が合併して、千葉県が誕生、千葉郡千葉町(現在の千葉市中央区本千葉町)に県庁が設置された。この日を由来として、一般公募により選ばれ、1984年昭和59年)に記念日として制定された。

県条例において「県民の皆さんがふるさとを愛し、豊かな千葉県を築くことを期する日」と定義されている。

催事など[編集]

  • 千葉県の公立学校[1]などが休みであり、千葉県民のみの休日である。また、その日を記念して、県内の施設等が入場料無料、又は、割引となる。
  • 制定からしばらくは幕張メッセにおいて「ちば県民まつり」が大規模に開催されていた。いったん休止されたものの,2015年には再開された。
  • 県内の各種施設の入場料が無料や割引となると言われている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 県民の日における学校の授業については、すべての県立学校が休業日としているが、市町村立小中学校は、学校の設置者である各市町村が、地域の実態に合わせて、市町村ごとに休業日にするかどうかを決めている。

外部リンク[編集]