千葉匠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千葉 匠(ちば たくみ、本名 : 有元 正存(ありもと まさつぐ)、1954年 - )は東京都出身の自動車評論家デザインジャーナリスト日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)理事。オフィス・デプロス主宰。「日本カー・オブ・ザ・イヤー」選考委員、世界・カー・オブ・ザ・イヤー日本代表審査員。他に「経済産業省選定グッドデザイン賞」、財団法人日本ファッション協会・流行色情報センター主催の「オートカラーアウォード」、CAR STYLING主催「カーデザイン大賞」など数々のデザイン賞で審査委員を務める。現在の愛車はルミナスレッドのプリメーラセダン20V。

経歴・人物[編集]

千葉大学工学部工業意匠学科卒業、在学中は自動車部に所属。卒業後、UDトラックス(旧:日産ディーゼル)、CAR STYLING編集次長を経て、1988年フリーランスのジャーナリストとなる。モーターショーの大半を現地取材し、国内外多くのデザイナーにインタビューする。

現在、モーターファン別冊ニューモデル速報(いわゆる「〜のすべてシリーズ」)のデザインインタビューで藤本彰とともにインタビュアーを務めるほか、各種デザイン専門誌、自動車専門誌にデザイン解説、コラムなどを多数寄稿している。

主な寄稿誌[編集]

連載記事[編集]

  • 「カーデザインOld&New」(driver)