千葉メディカルセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 医療法人社団誠馨会
千葉メディカルセンター
Seikei-kai Chiba Medical Center.jpg
情報
正式名称 医療法人社団誠馨会千葉メディカルセンター
英語名称 Seikei-kai Chiba Medical Center
前身 川崎製鉄健康保険組合千葉病院
JFE健康保険組合川鉄千葉病院
標榜診療科 内科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、小児科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、形成外科、リハビリテーション科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科、精神科
許可病床数 351床
一般病床:351床
開設者 医療法人社団誠馨会
管理者 山本義一(院長)
開設年月日 1966年4月
所在地
260-0842
千葉県千葉市中央区南町一丁目11番12号
位置 北緯35度35分2秒
東経140度7分54秒
二次医療圏 千葉
PJ 医療機関
テンプレートを表示

医療法人社団誠馨会 千葉メディカルセンター(いりょうほうじんしゃだんせいけいかい ちばメディカルセンター)は千葉県千葉市中央区南町にある医療機関1966年(昭和41年)に川崎製鉄健康保険組合の運営により川崎製鉄健康保険組合千葉病院として開院。2003年(平成15年)4月に川崎製鉄日本鋼管が合併したことにより、JFEの健康保険組合に移管され、JFE健康保険組合川鉄千葉病院へと名称変更された。2011年(平成23年)10月、病院がJFE健康保険組合から医療法人社団誠馨会に移管されたことで、現在の病院名へと変更された。

千葉県の救急基幹センター[1]として救急医療患者の受け入れを行っている千葉市の大規模病院の一つである。また、外科系の手術数が多く、特にスポーツ整形外科や、不妊外来などは県内外から、患者が訪れる。

沿革[編集]

  • 1966年昭和41年)4月 - 「川崎製鉄健康保険組合千葉病院」として開院。
  • 1969年昭和44年)6月 - 総合病院の名称使用の承認
  • 1990年平成2年)4月 - 救急病院指定
  • 1993年平成5年)4月 - 県救急基幹病院指定
  • 2003年平成15年)4月 - 川崎製鉄と日本鋼管の経営統合により「JFE健康保険組合川鉄千葉病院」に名称変更。
  • 2011年平成23年)10月1日 - 病院の開設者が医療法人社団誠馨会に移管されたことにより「医療法人社団誠馨会 千葉メディカルセンター」に名称変更。

施設概要[編集]

診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 指定養育医療機関
  • 原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 臨床研修指定病院
  • DPC対象病院
  • 千葉県がん診療連携協力病院(胃がん・大腸がん)

院内施設[編集]

  • 売店
  • 食堂

関連施設[編集]

  • 千葉中央看護専門学校(旧称・川鉄千葉病院看護専門学校)

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 千葉県独自の制度で、三次救急を扱う救命救急センターを補完する施設として位置づけられている。千葉保健医療圏(千葉市)には救命救急センターが1か所(千葉県救急医療センター)、救急基幹医療センターが1か所(当院)設置されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]