千田川熊藏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千田川 熊藏(せんだがわ くまぞう、1792年 - 1828年2月22日(文政11年1月8日)[1])は、大坂相撲朝日山部屋真鶴部屋玉垣部屋に所属した元力士。のち千田川吉藏。本名は目良 熊吉(吉藏)。紀伊国牟婁郡(現在の和歌山県田辺市)出身。188cm、体重不明。最高位は西大関

経歴[編集]

大坂相撲を経て、1814年11月に関脇格で江戸相撲に加入、紀州藩抱えであった。翌場所には大関に上がった。大関から陥落して2場所後に、四股名を千田川吉藏に改めた。以後も三役、上位で実力を発揮したが病に倒れ、1823年2月以降土俵を離れた。1828年に現役力士のまま死去した。

成績[編集]

  • 幕内16場所57勝36敗38休5分預15無勝負

改名[編集]

熊野潟→千田川熊藏→千田川吉藏 [2]

出典[編集]

関連項目[編集]