千房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
千房株式会社
CHIBO Corporation.
千房本社の入居する南海野村ビル
千房本社の入居する南海野村ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 千房
本社所在地 日本の旗 日本
556-0017
大阪府大阪市浪速区湊町2丁目2番45号
オンテックス難波ビル7階
設立 2005年4月
業種 サービス業
法人番号 7120001110721
事業内容 お好み焼きチェーン運営
代表者 代表取締役会長 中井政嗣
代表取締役社長 中井貫二
資本金 8,000万円
外部リンク http://www.chibo.com/
テンプレートを表示

千房株式会社(ちぼう、英称:Chibo Corpolation.)は大阪市浪速区に本社をおくお好み焼きチェーン店、及び運営企業である。

概要[編集]

創業者で現社長の中井政嗣が、1967年住吉区でお好み焼き屋を開業。1973年に大阪・千日前に「千房」を開店した。その後支店を増やし、1981年静岡出店以降は全国に展開。ハワイにも店舗がある。1982年に価格帯の一段高い「ぷれじでんと千房」を道頓堀に開店したほか、いくつかの新業態店も展開している。

刑務所内での採用活動に取り組み、元受刑者を社員として採用することでも知られる[1]

広告活動にも積極的に取り組み、特にお好み焼きを作るときに使用される『コテ』を模した宇宙船が、宇宙や大阪上空を飛行するSF映画調のTVCMでも有名。

中井と鶴瓶の関係[編集]

ラジオ大阪で長年にわたり、日曜深夜に放送されていた『鶴瓶・新野のぬかるみの世界』の番組スポンサーについていたこともあり、早い段階から、関西のみならず全国各地のリスナーにその名を知られている。特に深夜ラジオは昼と違い、全国各地に電波が飛ぶこともあり、これにより知名度がゲリラ的に浸透した、といういわば稀有な例とも言える。また社長の中井は同番組のパーソナリティである笑福亭鶴瓶と仲が良いため、鶴瓶がハワイに別荘を持っている関係から、千房のハワイへの出店も決まった。鶴瓶がハワイに休暇に来た際は、必ずハワイの千房に行くのが日課となっているという(かつて読売テレビ系で深夜に放送されていた『鶴瓶・上岡パペポTV』から)。

このように鶴瓶と仲が良かった関係から、現在も裏メニューとして「ぬかるみ焼き」が存在し、全店舗で注文が可能である[2](中身は同店の人気メニューである「ミックス焼き」と全く同じもの。ちなみに当時「ミックス焼き」が750円だったのに対し、「ぬかるみ焼き」は600円で提供していた)[3]

関連項目[編集]

  • 金紋ソース本舗 - お好み焼きソースを委託製造している。また、道頓堀など大阪市内の土産ショップで「千房」ブランドのお好み焼きソースを販売している。
  • 大阪焼き - 同店の販売した「チボット」が元祖とされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元受刑者2人、晴れの正社員 社長「更生の場を」刑務所に求人 産経新聞(2010年7月1日)[リンク切れ]
  2. ^ 伝説の裏メニューぬかるみ焼 - 大阪日日新聞・2012年5月11日
  3. ^ (6) お好み焼き 進化し続ける味 - MSN産経ニュースwest・2011年9月25日

外部リンク[編集]