千島学説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千島学説(ちしまがくせつ)とは、生物学千島喜久男が、1963年から主張し始めた説。1932年から1959年にかけて彼が発表した8つの意見を基にしているが、何ら証拠がなく、化学的体裁を装った千島とその信奉者による妄想である。

千島の主張[編集]

自らの著書で千島は「千島学説への反論はほとんどない」と主張している。しかし、医学の現場で日常的に行なわれているさまざまな検査は千島学説を否定しており、査読のある論文で千島学説を肯定するものはない。

8つの原理[編集]

千島学説は以下の8つの原理から構成されるとしている。

  1. 赤血球は体細胞の母体である(赤血球分化説または赤血球一元論)
    赤血球は様々な体細胞が分化する母体であるとの主張。 [1]
  2. 体細胞と赤血球は可逆的に分化する
    栄養不足や大量出血後などの病的状態のときは、体組織の細胞から赤血球への分化が見られるとの主張。
  3. 病原体自然発生する
    バクテリアウイルスなど病原体は、親がいなくとも有機物の腐敗の状態から、その有機物を母体として自然に発生するとの主張。
  4. 細胞新生説
    細胞は段階を踏んだ細胞分裂によって増殖するのではなく、5つの形態で新生するとの主張。
  5. 造血器官小腸絨毛である
    骨髄を造血器官として認めない(骨髄造血説には矛盾があり、造血器官は小腸絨毛である)との主張。
  6. 獲得形質は遺伝し、生殖細胞は血球に由来する
    生物が生まれてから一生の間に、その環境によってはぐくまれた形質は子孫に遺伝する(獲得形質の遺伝の肯定)との主張。また、精子卵子などの生殖細胞は体の組織とは別物ではなく、赤血球が変化してできる(生殖細胞の血球由来説)との主張もなされる。
  7. 従来の進化論の否定と共生説の提唱
    生物進化の最も重要な要因は、環境に適応した強い生物が生き残るという「適者生存」ではなく、同じ種類あるいは違った種類の生物の助け合いという共生現象であるとの主張。(注:細胞内共生説とは似て非なる主張であることに注意が必要。)
  8. 生命弁証法
    当該人の用いる独自の弁証法(生命弁証法)は、唯物弁証法唯心弁証法止揚し統一したものであるとの主張。

千島学説に基づく様々な主張[編集]

癌細胞血球由来説[編集]

千島学説では、「(悪性腫瘍)は癌細胞が細胞分裂して生じるのではなく、病的状態の赤血球が融け合った集合体から発生する」とされる。

この主張に関して述べられた書籍『癌を克服するために』[1]は、主にガン問題を取り扱うNPO法人(申請中)「じあいネット」の顧問である医師・後藤など、本説に肯定的な医学者の間で読まれている[2]
なお、ヒト赤血球は脱核しており、ゲノムDNAおよびミトコンドリアDNAを持っていない。一方、癌細胞はDNAを持っているため、赤血球が癌細胞になることはありえない。

「実験をやらない不自然さ」の主張[編集]

「千島学説が誤りであるならば、追試を行ってその誤りを指摘すればよいはずだが、何故か実験が行われた験しがない」のは不自然であるという主張。これに関して特に有名なのが、1968年衆議院科学技術振興対策特別委員会での齋藤憲三の発言である。

・・ここへきょう参考人としておいでになっております森下博士も名を連ねておりますが、岐阜大学教授の千島博士、東京新宿日赤病院長の鈴木博士、東京竹内病院の長嶋博士、それから化成協会物性研究所の高橋医学博士が名前を連ねて、私あてに、ガン研究推進のためSICを含む諸問題の客観的な検討を政府に要望いたしますと、要望書が来たのです。それまでやったのです。これでもってSICに対して三回やっているのです。どうして実験をしないのか、どうしても厚生省はこの実験をやらないのです。予算がないというから、それじゃ科学技術庁の調整費を出して、じゃ実験をやってくれ、それでもやらない。・・・

[3]

現実的には、千島学説を肯定する査読付き論文は皆無であり、わざわざ実験をするまでもないという見解が一般的である。

ソマチッドとの関わり[編集]

「ガンの特効薬」に関する裁判などでフランスを追われカナダに落ち着いた医学者ガストン・ネサンは、ヒトの血液中には極微小な生命体ソマチッド(ソマチットとも)が存在し、人間の病気や健康に大きく寄与していることを発見したと唱えたが、日本でも牛山篤夫が独自にそれを発見したとされ、千島学説がソマチッドと関係していると判断するものもある。 ネサンや牛山の研究を踏まえ、2005年に日本ソマチッド学会が発会された。(外部リンク参照)

出典・参考:『古代生命体ソマチットの謎』(宗像久男福村一郎共著、冬青社

生物学的元素転換との関わり[編集]

千島の著書には、ケルヴランが見出した元素転換の規則性の一つ、アルカリ・ループが描かれているものがあり、その関連性が主張されることもある。なお、本節の内容を肯定する査読付き論文は存在しない。

  • 『生物学的元素転換』(ルイ・ケルブラン著、高下一徹訳、日本語訳本・第3刷、朔明社、2003)
  • 『血液と健康の知恵』(千島喜久男著、地湧社)p.249-250


酒向猛の論文について[編集]

酒向猛による論文[2]が千島学説を追試しているという主張があり、これは千島学説を補強するものだと主張する者がある。

しかし、この論文の内容は、「赤血球は試験管の中で癌細胞に対して著明な細胞増殖促進作用がある。赤血球を構成する鉄を含んだ蛋白質(ヘモグロビン)が癌細胞の栄養素として働いている」ことを示しているだけで、「癌細胞が細胞分裂によらず、赤血球が変化して癌細胞になる」という千島学説を支持するものではない。

本論文の考察には「生体内の腫瘍細胞は正常の増殖制御から逸脱し無限に近い増殖を示す細胞群であるから、その性格はin vitroの培養細胞によく似ていると考えられる。」とあり、癌細胞が生体内で分裂増殖することを肯定しており、むしろ、千島学説を否定しているものである。

脚注[編集]

  1. ^ 酒向猛『癌を克服するために』 (初版・平成17年7月、改訂版・第3刷平成19年11月、自費出版
  2. ^ 日本癌治療学会誌(0021-4671)22巻6号 赤血球の細胞増殖促進作用についての研究(癌性貧血との関係より)Page1217-1224(1987.07)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]