千住火力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稼働時の千住火力発電所
(昭和20年代の撮影)

千住火力発電所(せんじゅかりょくはつでんしょ)は、かつて東京都足立区に所在した東京電力火力発電所隅田川沿いに立地し、1926年大正15年)から1963年昭和38年)までの間稼働していた。

当項目では、1905年明治38年)から1917年(大正6年)まで存在した同名の発電所についても解説する。

概要[編集]

初代の千住火力発電所は、東京電力の前身となる東京電灯1905年明治38年)に電力需要の増加に対応するため、浅草火力発電所の拡張と並行して北豊島郡南千住町(現在の南千住荒川区立南千住第二中学校付近)に建設した火力発電所であった。認可出力は4,500kW、原動機として当時最先端であった蒸気タービンを導入した大容量火力発電所だった。当初は10,000馬力の火力発電所として計画されたが、おりからの炭価の急騰も影響し、水力発電所駒橋水力発電所)の建設が注目され、後に5,000馬力に縮小された。同発電所は駒橋、八ツ沢、猪苗代に水力発電所が相次いで開発される中、1917年大正6年)1月に廃止された。

第一次世界大戦後、日本の発電は従来の水主火従から水火併用の時代に入り、東京電灯は旧浅草火力発電所の建て替えによる新火力発電所建設を計画していた。だが、1923年(大正12年)の関東大震災後の都市計画の見直しを受け、南足立郡千住町(現在の足立区千住桜木)に新火力発電所を建設することとなった。隅田川沿いが選ばれたのは用地の確保と、同地が隅田川の潮汐限界点(満ち潮時に潮が逆流する限界の地点)のため、燃料石炭を満載した船が航行しやすい終点という水運の便の良さなどが理由として存在する。石炭は東京港の石炭埠頭からによって運ばれ、川船頭の操る姿が当時は見られたという。そのほか、千住の停車場(隅田川駅)まで貨車で運ばれ、筏に積み替えるルートもあったと言われる。なお、この利権はマルキン(浅草高橋組)の系列になる御所組の山田が握っていたとされる。

1926年(大正15年)1月に運転が開始され、施設名称は引き続き千住火力発電所とされ、以後「千住火力発電所」とはこちらを指すようになった。当初は予備発電所として25,000kWの発電能力を持っていたが、順次増設されて最終的には75,000kWの発電能力を持つまでに至った。

発電所のシンボルであり、“お化け煙突”の愛称で呼ばれた(後述)高さ80mあまりの長大な煙突群は、1926年(大正15年)1月にまず3本が建設された後、翌年の1927年(昭和2年)2月に1本を増設した。建設当時の費用は1本あたり600万円ほどであった。

第二次世界大戦中には予備発電所から昇格し、常時稼働設備として本格発電を開始する。東京大空襲を始めとする東京地区への複数回の空襲でも標的とされることはなく[1]、発電所本体・煙突群共に被害を受けることなく終戦を迎えた。

第二次世界大戦後も引き続き東京地区への発電を担ったが、戦後になって石炭の質が低下したことから、1953年昭和28年)には3号機のボイラー重油焚き専用に切り替えられた。しかし施設の老朽化と豊洲新東京火力発電所が建設されたことなどを理由に、1963年(昭和38年)5月に稼働を停止し[2]1964年(昭和39年)3月28日には早朝より煙突の撤去作業が始まり、同日の午後3時半までには全ての煙突が引き倒された[3]

所在地[編集]

 跡地は資材センターや東京電力足立営業センターとなっている。

発電設備[編集]

  • 総出力:7.5万kW
1号機(廃止)
定格出力:2.5万kW
使用燃料:石炭
営業運転期間:1925年 - 1964年
2号機(廃止)
定格出力:2.5万kW
使用燃料:石炭
廃止時期:1964年
3号機(廃止)
定格出力:2.5万kW
使用燃料:重油(1953年までは石炭)
廃止時期:1964年
所内機(廃止)
定格出力:0.25万kW(総出力には含めず)
使用燃料:石炭
営業運転期間:1925年 - 1964年

煙突部[編集]

  • 構造設計者:内藤多仲
  • 材質:鋼板リベット止め製、内部は耐火煉瓦張り
  • 高さ:83.82m
  • 内径
    • 項部:4.57m
    • 底部:5.44m
  • 外径
    • 頂部:4.81m
    • 底部:6.40m
  • 重量:622t
    • 鋼板:166t
    • 煉瓦:456t

お化け煙突[編集]

西新井橋からお化け煙突を望む(1954年(昭和29年))

当発電所は巨大な4本の煙突を持っていたが、この煙突は付近住民などからは「お化け煙突」の名で呼ばれ、操業当時は映画などの作品にも時折登場するなど地域のシンボル(ランドマーク)として親しまれていた。

煙突が「お化け」と呼ばれる理由としては、

  1. 既述のように、建設当初は予備発電所として想定されていたことから滅多に稼動することがなかったため、煙突から時たま煙を吐く姿が「お化け」のようで、火葬場が連想された。
  2. 見る方向によって煙突の数が1 - 4本と変化する「不思議な煙突」という意味。

の2説がある。

2つ目の説については煙突が菱形に配置されており、また、中心に2本並列していた煙突と前後にあった煙突が重なり合って、真横から見ると1本、斜めから見ると2本ないしは4本、真正面から見ると3本に見えた、というところからである。国鉄(当時)常磐線京成本線を走る列車内からもこの煙突は良く見え、移動に伴う本数の変化が眺められた。

煙突の解体が決定した1963年(昭和38年)、8月26日午前10時より煙突の下で地元住民による「お化け煙突、おわかれ会」が開催された。また、12月には解体・撤去を反対する者が煙突によじ登り、84時間にも渡って篭城するという騒ぎも発生している。

その他の“お化け煙突”[編集]

千住火力発電所の他、大阪市此花区西九条にあった関西電力春日出発電所内にも、1918年(大正7年)から1961年(昭和36年)までの期間、4本の煙突が2列、計8本並んでおり、同じように見る角度によって本数が異なって見える事から、周辺住民に「お化け煙突」と呼称されていた。

博物展示[編集]

足立区立郷土博物館には往時の千住火力発電所について記した大型パネルと発電所の模型(200分の1)が常設展示されており[4]、模型は現時点ではもっとも詳細なものである。同発電所に勤務していた元東京電力社員の姫野和映の監修を受け、東京電力の電気の史料館の資料協力などを得て2009年に制作された。模型は見る位置によって煙突の本数が変わる様子が擬似体験できる。

東京都台東区西浅草にあったテプコ浅草館では、「東京浅草下町ストーリー」として明治から昭和初期にかけての浅草の下町の情景を再現展示しており、展示物の1つとしてお化け煙突の模型(200分の1)と映像・写真が展示されていたが、同館は東日本大震災の影響で2011年5月閉館された。

煙突の一部は「2005年平成17年)3月31日まで存在していた足立区立元宿小学校[5]滑り台に使用されていた。この滑り台は発電所の煙突を幅3メートルほどに輪切りしたものを、さらにU字型に半分にカットしたもので、太鼓橋状に2個の滑り台が設置されていた[6]

この滑り台は、旧元宿小学校が統合・閉鎖された後は、帝京科学大学千住キャンパスの敷地内に、滑り台とするためにカットされた部分をコンクリートにより再現したモニュメントとして保存されている[7]

登場作品[編集]

千住火力発電所(お化け煙突)は、昭和時代を代表する東京の名所の一つであったことで、映画小説など、多くのメディア・媒体で取り上げられることも多かった。以下にそれらの作品を掲げる。

映画[編集]

タイトルバックに煙突の航空写真、そして車窓から見た煙突の本数が変わる様子などが分かる。
浅草を俯瞰したタイトルバックで、浅草寺の向こうに煙を吐く4本煙突が見える。
  • 『危険な英雄』(1957年、東宝
荒川で誘拐犯捜査中の刑事の背景に巨大なお化け煙突が登場。3本から一瞬4本に変わるところが分かる。
  • 『天使の時間』(1957年、松竹
  • 『一粒の麦』(1958年、大映
車窓から4本から2本に変わる様子が見える。
客の家を訪れたバーの雇われマダム(高峰秀子)の背景として4本のお化け煙突が登場する。
  • 『青い芽の素顔』(1961年、日活
荒川越しに煙を吐く4本のお化け煙突が登場する。
  • 『零戦黒雲一家』(1962年、日活)
  • 『左ききの狙撃者 東京湾』(1962年、松竹)
西新井橋下の河川敷から見上げた4本のお化け煙突が登場する。まだ稼動中であり、煙を吐いている。
まだ木造の西新井橋の向こう、荒川越しにお化け煙突が登場する。
町屋付近の隅田川越しにお化け煙突が登場する。
  • 『九ちゃんの大当りさかさま仁義』(1963年、東映)
映像としては登場しないが、主人公の坂本九たちが度々「お化け煙突の見えるアパートに住んでいる」と口にする。

アニメ[編集]

  • 『おばけ煙突のうた』(1993年、早乙女勝元原作・アニメ絵本あり)
  • エスパー魔美』(1988年5月10日放送、第55話「想い出さがし」。テレビ朝日系列1987年4月7日-1989年10月26日)
  • 鉄人28号オープニング』(2004年、テレビ東京)
  • 電脳コイル』(2007年、日本放送協会) - 13話にお化け煙突と隅田川がモデルの場所が出てくる。
  • ヤッターマン』(リメイク版第18話「OldDays 下町の夕日だコロン!」2008年、日本テレビ系列) - ドクロリングがある場所として登場する。

漫画[編集]

小説[編集]

楽曲[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 1942年4月18日に行われたアメリカ軍の東京初空襲ドーリットル空襲)では東京第一陸軍造兵廠を目標としていた機体が位置を誤って隅田川対岸西方にある荒川区西尾久を爆撃しており、当発電所の近傍を通過しているが、被害は受けていない。「千住火力発電所も攻撃目標とされていた」とする新聞記事や文献等もあるが(東京新聞 2012年4月16日『本土初空襲から70年 爆心地の記憶 風化させぬ』「たむたむ(多夢・太夢)ホームページ>本土初空襲(ドゥ〈-〉リットル空襲)」)、アメリカ軍の計画において目標として選定されていたかについては不明である。
  2. ^ 1959年2月29日の停止という説もある。下記リンクの千住物語>お化け煙突を参照。
  3. ^ 朝日新聞1964年3月29日朝刊記事[要高次出典]
    なお、他の資料、一例として足立区立郷土博物館のwebページ(足立区立郷土博物館トップページ>郷土博物館の資料>おばけ煙突)では「老朽化と効率化のため昭和38(1963)年に発電所が解散され、翌年秋から解体工事を実施、11月末には完全に姿を消してしまいました。」と記述されており、1964年の10月に撮影されたという写真で煙突の下部と発電所の建物が残っている状態で写っているものが投稿されている例(千住物語>昔 東京で おばけ煙突と呼ばれる煙突があった>1964年 昭和39年 お化け煙突 解体)もある。
    さらに、1964年8月26日に取り壊された説も存在する。「こち亀」59巻のエピソード。きょうのマンガ
  4. ^ 足立区公式サイト>足立区立郷土博物館トップページ>常設展示 江戸東京の東郊階ギャラリー>東郊の近代的発展「東郊の近代産業」
  5. ^ 現在は足立区千住寿町にあった足立区立千寿第三小学校と統合し足立区立千寿双葉小学校となり、統合小学校の校舎は旧千寿第三小学校跡地に新設された。
  6. ^ 昭和の思い出 はすぴー倶楽部>「あの頃」のセピア色の想い出>おばけ煙突
  7. ^ 千住物語 > お化け煙突

関連書籍[編集]

  • 『数学100の問題』 日本評論社 ISBN 978-4535606142  100の中の一つのテーマとして取り上げられている。幾何学的に、位置関係を正確に検討している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]