十日恵比須神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十日恵比須神社
Tookaebisushrine01.jpg
所在地 福岡県福岡市博多区東公園7-1
位置 北緯33度36分14秒
東経130度25分07秒
座標: 北緯33度36分14秒 東経130度25分07秒
主祭神 事代主命
大国主命
社格 別表神社
創建 天正19年(1591年)
例祭 1月8日 - 11日(十日恵比須祭)
地図
十日恵比須神社の位置(福岡市内)
十日恵比須神社
十日恵比須神社
テンプレートを表示

十日恵比須神社(とおかえびすじんじゃ)は、福岡県福岡市博多区にある神社である。事代主命(恵比須神)・大国主命(大黒神)を祀る。

歴史[編集]

社伝によれば[1]香椎宮大宮司家の武内五右衛門(平十郎)は分家して「神屋」と号して博多で商売を営んでいたが、天正19年(1591年)1月3日、香椎宮・筥崎宮を参拝したとき、香椎浜に流れついた恵比須神の神像2体を得た。それを自宅に持ち帰って祀ったところ家運が隆盛。翌年の文禄元年(1592年)1月10日、平十郎が神像を拾い上げた場所に社殿を設けた。そののち元和元年(1681年)11月15日、四代目平十郎が創建90年にあたって千代の崇福寺境内に社殿を再建する。

明治12年(1879年)10月、福岡県の指示により崇福寺境内から東公園に遷座する。昭和4年(1929年)には東公園整備に伴って現在の地に遷座する。昭和43年(1968年)には別表神社に加わる。

十日恵比須正月大祭[編集]

毎年1月8日から1月11日まで正月大祭が執り行われる。8日が「初えびす」、9日が「宵えびす」、10日が「正大祭」、11日が「残りえびす」と呼ばれる。正月大祭期間中は福引きや芸妓かち詣りなどが有名。

関連項目[編集]

交通[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 十日恵比寿について十日恵比寿神社

外部リンク[編集]