十字砲火 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十字砲火
Crossfire
CrossfirePoster2.jpg
監督 エドワード・ドミトリク
脚本 ジョン・パクストン英語版
原作 リチャード・ブルックス
The Brick Foxhole
製作 エイドリアン・スコット
出演者 ロバート・ヤング英語版
ロバート・ミッチャム
ロバート・ライアン
グロリア・グレアム
音楽 ロイ・ウェッブ
撮影 J・ロイ・ハント英語版
編集 ハリー・W・ガースタッド英語版
製作会社 アメリカ合衆国の旗 RKOラジオ・ピクチャーズ
日本の旗 IP
配給 RKOラジオ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1947年7月22 (ニューヨーク)
アメリカ合衆国の旗 1947年8月15日[1][1]
日本の旗 1986年11月15日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $678,000[2][3]
興行収入 $2.5 million (US rentals)[4]
テンプレートを表示

十字砲火』(Crossfire)は、1947年のアメリカ合衆国のノワール・ドラマ映画である。同年にアカデミー作品賞を受賞した『紳士協定』と同様に反ユダヤ主義をテーマとする内容であり[5][6]、監督をエドワード・ドミトリクが務め[7]リチャード・ブルックスの1945年の小説を基にジョン・パクストン英語版が脚本を執筆した。出演はロバート・ミッチャムロバート・ヤング英語版ロバート・ライアングロリア・グレアムらである。第20回アカデミー賞には5部門にノミネートされた[8]

プロット[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

脚本は映画監督・脚本家のリチャード・ブルックスによる1945年の小説『The Brick Foxhole』を基にジョン・パクストン英語版が執筆した。ブルックスは海兵隊でトレーニング映画を撮影する合間に小説を書き上げ、従軍中に出版された。小説では同性愛者が被害者であったが、当時のハリウッドのヘイズ・コードではそれは性的倒錯と見なされていた。したがって小説にあるホモフォビアのテーマはレイシズム・反ユダヤ主義に置き換えられた。またブルックスは海兵隊所属中にロバート・ライアンと出会い、映画化の際の出演を持ちかけた[9][10]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
アカデミー賞 1947[11] 作品賞 RKO ノミネート
助演男優賞 ロバート・ライアン ノミネート
助演女優賞 グロリア・グレアム ノミネート
監督賞 エドワード・ドミトリク ノミネート
脚色賞 ジョン・パクストン ノミネート
英国アカデミー賞 1948[12] 作品賞 『十字砲火』 ノミネート
カンヌ国際映画祭 1947[13] 社会的映画賞 エドワード・ドミトリク 受賞
エドガー賞 1948 映画賞 ジョン・パクストン (脚本家)
リチャード・ブルックス (原作者)
ドア・シャリー (プロデューサー)
エイドリアン・スコット (アソシエイト・プロデューサー)
エドワード・ドミトリク (監督)
受賞

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Little Foxes: Detail View”. American Film Institute. 2014年5月8日閲覧。
  2. ^ Scott Eyman, Lion of Hollywood: The Life and Legend of Louis B. Mayer, Robson, 2005 p 420
  3. ^ https://archive.org/stream/variety171-1948-07#page/n0/mode/1up
  4. ^ "Top Grossers of 1947", Variety, 7 January 1948 p 63
  5. ^ Variety film review; June 25, 1947, p. 8.
  6. ^ Harrison's Reports and Film Reviews film review; June 28, 1947, p. 102.
  7. ^ Crowther, Bosley. “Crossfire”. NY Times. https://movies.nytimes.com/movie/11620/Crossfire/overview 2011年5月5日閲覧。 
  8. ^ Crossfire - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  9. ^ Daniel, Douglass K. (2011). Tough as Nails: The Life and Films of Richard Brooks Univ. of Wisconsin Press. p. 34
  10. ^ A detailed account of adapting The Brick Foxhole for the screen and the producers' battles with the censors is in James Naremore (1998). More Than Night: Film Noir in its Context. Berkeley: University of California Press. pp. 114-123. ISBN 9780520212947 OCLC 803190089
  11. ^ THE 20TH ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2018年10月10日閲覧。
  12. ^ Film 1949”. 英国映画テレビ芸術アカデミー. 2018年10月12日閲覧。
  13. ^ Festival de Cannes: Crossfire”. festival-cannes.com. 2012年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]