十和田観光電鉄ED300形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ED301(2009年撮影)

ED300形は、十和田観光電鉄に在籍する直流電気機関車である。ED301の1両のみが存在する。

概要[編集]

1951年(昭和26年)、十和田鉄道線が762mmから1,067mmに改軌されるのと同時に直流1,500Vにより電化された際に、車両置き換えのため日立製作所笠戸工場で新造された凸形電気機関車である。形式番号の「30」は、運転整備重量が30tであることに由来し、動軸数4の電気機関車の1号機であることから、ED301と名づけられたものである[1]

同時期に十和田鉄道が購入した同社製の電車モハ2400形・クハ2400形とモーターやブレーキの部品が共通で、尾灯脇にはクハ2400形牽引用のジャンパー栓(電灯電源用)を設置している。これはメンテナンスの効率化・軽減化のためという。

当初は貨物列車以外に、混合列車[2]に運用されていたが、モハ3400形の登場後は貨物専用となり、ED400形の就役後は予備機となった。台車板台枠のため走行時の動揺が激しいことから、社内規定により最高速度は50km/hに制限されている。

1986年(昭和61年)の十和田観光電鉄の貨物輸送廃止後は、除雪、工事用として運用されている[3]

主要諸元[編集]

  • 全長:10,850mm
  • 全幅:2,515mm
  • 全高:3,780mm
  • 運転整備重量:30.0t
  • 電気方式:直流1500V(架空電車線方式
  • 軸配置:B-B
  • 主電動機:HS-226CY 90.0kW×4基

脚注[編集]

  1. ^ 戦時中に、東北地方運輸局が出した通達に基づく形式番号付与法(通称・仙鉄式)である。
  2. ^ 客車の代わりにクハ2400形を使用していた。
  3. ^ イベント時や撮影用としての運行をすることもある。

参考文献[編集]

  • 寺田裕一『私鉄機関車30年』JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年。ISBN 4-533-06149-4