十六小地獄 (無間地獄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十六小地獄とは、仏教の地獄に伝わる八大地獄の周囲に存在する小規模の地獄で、地獄に落ちた亡者の中でもそれぞれ設定された細かい条件(生前の悪事)に合致した者が苦しみを受ける。条件は当時の倫理観や仏教の教えに沿っているため、中には現在の倫理観や社会風俗などに合わないものも存在する。

ここでは、生前に殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語・邪見・犯持戒人・父母殺害、阿羅漢殺害他の罪を犯したものが落とされる無間地獄の小地獄を解説する。なお、特に断りがない場合、種類と描写は「正法念処経」の記述に従う。

烏口処(うこうしょ)[編集]

阿羅漢(小乗仏教の最高指導者)を殺した者が落ちる。獄卒が罪人の口を裂いて閉じないようにした上、沸騰する泥の河に落とす。溺れた罪人は泥の熱で内臓まで焼かれる。

一切向地処(いっさいこうちしょ)[編集]

とりわけ尊い尼僧や阿羅漢を強姦した者が落ちる。頭を上にしたり下にしたり、くるくる回転させられながら、炎で焼かれ、また灰汁の中で煮られる。

無彼岸常受苦悩処(むひがんじょうじゅくのうしょ)[編集]

自分の母親を犯した者が落ちる。鉄のかぎでへそから魂を取り出され、その魂に鋭い棘を刺される。そのあとへそに鉄の釘を打たれ、口に高熱の鉄を注がれる。

野干吼処(やかんくしょ)[編集]

優れた智者、悟りに達した者、阿羅漢、などをそしった者が落ちる。野干とはジャッカルないしのことで、鉄の口を持つ火を吐く狐が罪人に群がり、手、足、舌など罪のある部分を次々に食いちぎる。

鉄野干食処(てつやかんじきしょ)[編集]

仏像、僧房など僧侶の身の回りの品を焼き払った罪人が落ちる。身体から火が吹き出し、空から鉄の瓦が雨霰と降り注ぐ。炎の牙を持つ狐が罪人を喰う。

黒肚処(こくとしょ)[編集]

仏に属する物品を喰ったり自分のものとした者たちが落ちる。罪人たちは餓鬼道さながらに飢え渇きに苦しみ、ついには自分の肉まで喰ってしまう。さらに、黒い腹の蛇が罪人を足の甲から喰う。喰われた部分は何度でも再生する。

身洋処(しんようしょ)[編集]

仏に捧げられた財物を盗んだ者が落ちる。燃え上がる二本の巨大な鉄の木の間に地獄があり、風で鉄の木が揺れて擦れ合うたびに、間にいる罪人たちを粉々にする。その肉片は金剛のくちばしの鳥に喰われる。

夢見畏処(むけんいしょ)[編集]

僧侶達の食料を奪い、飢えさせた者が落ちる。鉄の箱の中に座らされ、杵でつかれて肉の塊にされる。

身洋受苦処(しんようじゅくしょ)[編集]

篤志家が出家者や病人に布施した財物を僧侶を装って奪い取った者が落ちる。高さ100由旬の燃える鉄の木の下にある地獄で、この世の全ての病が罪人を苦しめる。

雨山聚処(うせんじゅしょ)[編集]

辟支仏菩薩より価値が低い仏)の食物を奪って喰った者が落ちる。巨大な鉄の山に何度も押しつぶされる。潰されたらすぐまた生き返るので、同じ苦しみが続く。また、獄卒に身体を引き裂かれ、傷口に高熱の液体を注がれる。人間界にある全ての病が罪人を苦しめる。

閻婆叵度処(えんばはどしょ)[編集]

田畑の水や飲み水の水源である河などを破壊し、人々を渇死させた者が落ちる。象の様に巨大で火を吐く閻婆という鳥が、罪人をくわえて高空から落とす。地面には無数の鋭い刃が出ており、炎の歯を持つ犬に噛まれる。

星鬘処(せいまんじょ)[編集]

修行によって飢えている僧侶から食料を奪った者が落ちる。正方形の地獄の、二つの角に大きな苦しみがある。一方では釜の中で回転させられながら煮られ、もう一方では剣が混ざった激しい風にずたずたにされた後、釜の中で溶けた銅で煮られる。

苦悩急処(くのうきゅうしょ)[編集]

仏教の説を伝えるための書や絵画などを歪めたり破損したりいたずらしたりした者が落ちる。獄卒が罪人の両目に溶けた銅を流し込み、その両目を熱砂ですり減らし、さらに身体の他の部分も同様にすり減らす。

臭気覆処(しゅうきふくしょ)[編集]

僧達の田畑や果樹園、その他彼らに帰属すべき物を焼いた者が落ちる。無数の針が生えた燃え上がる網に捕らえられ、体中刺し貫かれながら燃やされる。矢で射られた後、サトウキビで叩かれる。

鉄鍱処(てっちょうしょ)[編集]

食料などが不足する貧しい時代に僧侶達の面倒を見ると言っておきながら、何もせずに飢えさせた者が落ちる。数多くの炎に取り囲まれ、餓鬼のごとく飢渇の苦しみを与えられる。

十一焔処(じゅういちえんしょ)[編集]

仏像、仏塔、寺舎などを破壊したり燃やしたりした者が落ちる。獄卒たちが鉄棒を持って追いかけ、罪人たちは蛇に噛まれたり炎に焦がされながら逃げ続ける。

(異説・参考)火車地獄(かしゃじごく)[編集]

「観仏三昧海経」に異説として伝わっている小地獄。乗り物の方の”火車”で罪人が連れてこられ、巨大な炎の車輪に縛りつけられて燃やされる。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]