十三ノ浦金四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十三ノ浦金四郎(とさのうらきんしろう、1885年12月27日 - 1914年10月9日[1])は、二十山部屋に所属した元力士。本名は岩田金四郎。青森県北津軽郡中里町出身。170cm、120kg。最高位は西前頭9枚目。

経歴[編集]

東奥義塾を卒業し、二十山部屋に入門。非常に文章・文筆巧みであったという。1903年5月初土俵、1909年6月十両昇進。新橋倶楽部事件では力士側の書記役を務めた。1911年2月に入幕し、9枚目まで昇進。しかし病の為に不振に陥り幕下まで転落。1914年1月に廃業したが、年内に没した。

成績[編集]

  • 幕内4場所9勝14敗9休8分預
  • 十両優勝1回

改名[編集]

改名歴なし [2]

出典 [編集]

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19110203.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709