十七史商カク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「十七史商榷」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

十七史商榷』(じゅうしちししょうかく)は、中国正史中の『史記』から『新五代史』までの17種(汲古閣本)に『旧唐書』と『旧五代史』を加えて、その本文を考証・校勘を行った朝の考証学を代表する一書である。

100巻、清の王鳴盛(1720年 - 1797年)の撰である。

その依拠した資料は、正史の本文にとどまらず、広く雑史・野史や小説類より金石文にまでも及んでいる。

構成[編集]

後世の評価[編集]

正史の校勘や校訂を旨としながらも、その内容に踏み込んで、史実の考証にまで及び、また制度史上の事柄や地理上の事実にも及んでおり、『二十二史箚記』や『二十二史考異』などと同様に、正史について見る場合の必読書とされる。が、その一方で、『二十二史考異』には及ばないという評価も存在し、歴史学研究の理論や方法を樹立し得なかったとする見方もある。

テキスト[編集]

  • 洞涇艸堂本(1787年)
  • 広雅書局本
  • 商務印書館刊、活字本(2冊、1937年、1959年重刊)