医薬総合研究所 (日本たばこ産業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

医薬総合研究所(いやくそうごうけんきゅうじょ)は、日本たばこ産業(以下JTと略す)が大阪府高槻市に開設した医薬研究所である。1993年9月にかつてたばこ工場であった敷地にJTの医薬事業の拡大のために設置された。

概要[編集]

生物研究所、化学研究所、薬物動態研究所、生産技術研究所が設置されており、探索研究、創薬研究、前臨床研究、臨床開発の支援等を行っている。

所在地[編集]

  • 〒569-1125 大阪府高槻市紫町1-1
JR東海道本線 高槻駅から北西方向へ徒歩約10分

諸問題[編集]

バイオ関係の研究施設を有しており、これらを不安視する住民から建設反対運動や情報公開訴訟などを起こされている。

JT職員による放射性物質ばらまき事件[編集]

2000年12月20日、当研究所職員(40)がJR高槻駅コンコースに放射性物質"ヨウ素125"等をばらまき威力業務妨害の容疑で逮捕された。なお、汚染された箇所は当日専門チームによって除染された。厳重に管理されるべき放射性物質が持ち出されたことに関してJTの管理体制に疑問が持ち上がっている。

ジクロロエタン下水流出事件[編集]

2001年9月、当研究所の下水に含まれる発がん性が疑われる、法令で排出規制されている物質"1,2-ジクロロエタン"が基準を上回る状態(基準の2倍)にあったにもかかわらず高槻市への報告がされていなかったことが発覚。

高槻JTバイオ施設情報公開訴訟[編集]

研究所や安全性に対する説明・情報公開を行おうとしないJTに対し1995年、付近住民によって高槻市に対する情報公開条例に基づく公開請求を行ったが基本情報以外をほぼ全面非公開(当研究所の建築確認申請における内部設備の平面図・仕様書部分)と決定されたことから、96年大阪地裁に公開訴訟を起こした。(被告:高槻市、参加人:JTなど)

  • 大阪地裁判決(01年6月)…原告敗訴、控訴
  • 大阪高裁判決(02年12月)…原告勝訴、その後高槻市は上告せず
  • 最高裁判決(05年3月)…JTの上告受理申立を受理せず、大阪高裁判決が確定する

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度51分12.4秒 東経135度36分39.9秒