医学と医療の年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

医学と医療の年表(いがくといりょうのねんぴょう)では、医学医療技術の年表を取り扱う。

15世紀以前[編集]

紀元前[編集]

  • 紀元前2600年頃
  • 紀元前1500年頃 - 古代ギリシアのエーゲ海諸島のテーラ (Thera) でサフランが(通風)薬として使われた。
  • 紀元前8世紀-6世紀 - 古代中国で『山海経』が編纂され、薬効を持つ草木・鉱物について記載された。
  • 紀元前500年頃 - ススルタ(Sushruta, 古代インド)がススルタ大医典 (Sushruta Samhita) を著し、120以上の外科用器具、300もの外科手術法および8種類の手術区分について著述している。また、鼻ソギの刑に対して整形外科手術を施した。
  • 紀元前420頃 - ヒポクラテスが、病気には自然に由来する原因があると主張し科学的医療の先鞭を付けた。またヒポクラテスの誓いを提唱した。
  • 紀元前4世紀 - 古代中国の扁鵲が脈学を創始した。黄帝内経を元に、鍼灸の診断法と治療法について著された『難経』を著した秦越人は、おそらく扁鵲であるとされている。(伝説)
  • 紀元前280年頃 - ヘロフィロスが神経系統を研究し、知覚神経と運動神経とを識別した。
  • 紀元前250年頃 - エラシストラトスErasistratus、古代ギリシア)が脳を研究して、大脳小脳とを識別した。
  • 紀元前200年頃

紀元後[編集]

16世紀[編集]

年表:16世紀

17世紀[編集]

年表:17世紀

18世紀[編集]

年表:18世紀

19世紀[編集]

年表:19世紀

20世紀[編集]

年表:20世紀

21世紀[編集]

年表:21世紀

  • 2001年 - 分子標的治療薬イマチニブがアメリカ合衆国で承認される。それまでは抗がん剤で38%、インターフェロンで53%、骨髄移植で63%だった慢性骨髄性白血病の5年生存率がイマチニブにより93%にあがった[3]
  • 2003年 - ヒトゲノムプロジェクトの完成版が公開される。
  • 2005年 - 筋電義手の実用化。アメリカ合衆国のジェシー・サリバンが世界で初めて意思で動く義手を装着した人間となった。
  • 2007年 - 京都大学山中伸弥らのグループが、ヒトの皮膚細胞に遺伝子を組み込むことにより人工多能性幹細胞(iPS細胞)を生成する技術を発表。また同日、ウィスコンシン大学のジェームズ・トムソンもほぼ同等の方法でiPS細胞を生成する論文を発表した。
  • 2014年 - ニボルマブ(商品名オプジーボ)が日本で承認される。世界初のヒトPD-1モノクローナル抗体医薬品であり、免疫力を高めることにより悪性腫瘍を攻撃する新しいタイプの抗がん剤。

脚注[編集]

  1. ^ Wikisource reference 張仲景. 傷寒雜病論. - ウィキソース. 
  2. ^ Wikisource reference 李時珍. 本草綱目. - ウィキソース. 
  3. ^ Prevention of BC by more effective treatment in early CP as shown by the cumulative incidence of blast crisis (German CML Study Group experience 1983-2011)

関連項目[編集]