匠明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

匠明(しょうめい)は、江戸時代初期に平内政信がした木割書。全5巻。巻末には、1608年(慶長13年)の平内政信による奥書、1605年(慶長10年)の平内吉政(政信の父)による奥書がある。

概要[編集]

構成[編集]

  • 第1巻、門記集、第2巻、社記集、第3巻、堂記集、第4巻、塔記集、第5巻、殿屋集。

写本[編集]

原本は伝存せず、現存最古の写本は東京大学に伝わる。

関連項目[編集]