北24条駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北24条駅
駅出入口
駅出入口
きたにじゅうよじょう
Kita nijūyo jō
N02 北34条 (1.2km)
(0.9km) 北18条 N04
所在地 札幌市北区北23条西4丁目
駅番号 N03
所属事業者 札幌市交通局 札幌市交通局
所属路線 ■ 札幌市営地下鉄南北線
キロ程 2.2km(麻生駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
13,968人/日(降車客含まず)
-2014年度-
開業年月日 1971年(昭和46年)12月16日
テンプレートを表示

北24条駅(きたにじゅうよじょうえき)は、北海道札幌市北区北23条西4丁目にある札幌市営地下鉄南北線。駅番号はN03

歴史[編集]

  • 1952年(昭和27年)9月:市電鉄北線延長に伴い、北側の終点として停留所開業
  • 19xx年:市電幌北車庫が北24条西5丁目(現在の札幌サンプラザ)に移転
  • 1959年(昭和34年)12月:市電鉄北線当停留所 - 北27条間延伸
  • 1971年(昭和46年)12月16日地下鉄南北線が当駅まで開業。市電鉄北線の当駅以南が廃止
  • 1974年(昭和49年)5月:市電鉄北線廃止
  • 1978年(昭和53年)3月16日:地下鉄南北線北24条駅 - 麻生駅間延伸開業
  • 2012年(平成24年)8月9日可動式ホーム柵が稼働開始[1]

駅構造[編集]

地下1階に改札口、地下2階に1面2線の島式ホームがあり、ホーム南側にエレベーターがある。出口は4ヶ所あり、バスターミナル内に通じる階段が3ヶ所ある。地上へのエレベーターは3番出口に設置されている。

1978年の南北線の北24条〜麻生間の延伸開業までは、この駅が北の終点駅だった。そのため、北側には回送用の転てつ機(片側のみ)がある。

駅の所在は北23条西4丁目だが、北側の出口が宮の森北24条通に面している。なお、現駅から西に100mほどのところに、かつて札幌市電鉄北線の同名の停留場があった。

のりば
1 ■ 南北線 さっぽろ大通真駒内方面
2 麻生方面


利用状況[編集]

札幌市交通局によると、2014年度の一日平均乗車人員は13,968人であった。

近年の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2008年 14,017 [2]
2009年 13,564 [2]
2010年 13,514 [2]
2011年 13,565 [2]
2012年 13,833 [2]
2013年 14,055 [2]
2014年 13,968 [3]

駅周辺[編集]

市街地の中にあり、やや北の一角には飲食店が集中している。

バス路線[編集]

北24条バスターミナル

路線は2016年4月1日現在。併設された「北24条バスターミナル」のほか、周辺路上にバス停留所が設置されている[4]。バスターミナル発着路線は「軒32」を除きすべての路線が北海道中央バス

バスターミナル発着路線[編集]

このほか、近隣の西5丁目樽川通沿いに「北24条西5丁目」停留所、国道5号(創成川通)沿いに「北24条西2丁目」停留所があり、小樽方面高速バス、札幌都心方面、屯田方面、石狩方面のバスが発着する。

その他[編集]

  • 駅スタンプは北24条駅のイニシャルKの中に札幌飛行場正門跡の碑が描かれている[5]

隣の駅[編集]

札幌市交通局 札幌市営地下鉄
■ 南北線
北34条駅 (N02) - 北24条駅 (N03) - 北18条駅 (N04)

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]