北里駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北里駅
廃止後、北里駅跡公園として残されているホーム
廃止後、北里駅跡公園として残されているホーム
きたざと
Kitazato
麻生釣 (7.7km)
(4.1km) 肥後小国
所在地 熊本県阿蘇郡小国町大字北里
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 宮原線
キロ程 22.5km(恵良起点)
電報略号 キサ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1954年(昭和29年)3月15日
廃止年月日 1984年(昭和59年)12月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

北里駅(きたざとえき)は、かつて熊本県阿蘇郡小国町大字北里に存在した、日本国有鉄道(国鉄)宮原線廃駅)である。

当駅付近一帯は、医学博士の北里柴三郎の出身地として知られている。

宮原線の廃止に伴い、1984年(昭和59年)12月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1954年(昭和29年)3月15日 - 宮原線の宝泉寺駅 - 肥後小国駅間の延伸開業により設置。一般駅
  • 1961年(昭和36年)12月10日 - 貨物、荷物の取り扱いを廃止し、無人駅化。
  • 1984年(昭和59年)12月1日 - 宮原線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを持つ無人駅であった。

遺構[編集]

現在、当駅の跡地は営業時を偲べる形で整備され、公園及び農産物直販所となっている。また、プラットホームが残る。当時は地上より高い場所にホームがあり、入口からトンネル潜り階段を上ったところにホームがあった。現在も、ホームへのトンネル・階段が残っている。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
宮原線
麻生釣駅 - 北里駅 - 肥後小国駅

関連項目[編集]