北茅ケ崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北茅ヶ崎駅から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
北茅ケ崎駅
駅舎(2009年)
駅舎(2009年)
きたちがさき
Kita-Chigasaki
茅ケ崎 (1.3km)
(2.1km) 香川
所在地 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎三丁目3-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 相模線
キロ程 1.3km(茅ケ崎起点)
電報略号 キキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2,839人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1940年昭和15年)2月1日
備考 業務委託駅
* 1944年に日東駅から改称。
テンプレートを表示

北茅ケ崎駅(きたちがさきえき)は、神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)相模線

歴史[編集]

  • 1940年(昭和15年)
    • 2月1日 - 相模鉄道日東駅(にっとうえき)として開業。当初は工場関係者しか乗降ができなかった。
  • 1944年(昭和19年)
    • 6月1日 - 国有化により国鉄相模線の駅となる。同時に北茅ケ崎駅に改称。
  • 1986年(昭和61年)
    • 11月1日 - 貨物取扱が廃止。
  • 1987年(昭和62年)
  • 2000年(平成12年)
  • 2001年(平成13年)
  • 2007年(平成19年)
    • 6月22日 - みどりの窓口営業終了。

駅構造[編集]

茅ケ崎方からホームを望む(2004年)

島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎は線路の西側にあり、ホームとは跨線橋で連絡している。

茅ケ崎駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)。[1][2]自動券売機自動改札機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 相模線 下り 厚木橋本八王子方面
2 上り 茅ケ崎行き

利用状況[編集]

2017年度の1日平均乗車人員2,839人である。

近年の1日平均乗車人員は下表の通りである。

年度別1日平均乗車人員[3][4]
年度 1日平均
乗車人員
1995年(平成07年) [5]2,562
2000年(平成12年) [JR 1]2,504
2001年(平成13年) [JR 2]2,432
2002年(平成14年) [JR 3]2,387
2003年(平成15年) [JR 4]2,371
2004年(平成16年) [JR 5]2,469
2005年(平成17年) [JR 6]2,595
2006年(平成18年) [JR 7]2,727
2007年(平成19年) [JR 8]2,738
2008年(平成20年) [JR 9]2,709
2009年(平成21年) [JR 10]2,602
2010年(平成22年) [JR 11]2,601
2011年(平成23年) [JR 12]2,659
2012年(平成24年) [JR 13]2,736
2013年(平成25年) [JR 14]2,794
2014年(平成26年) [JR 15]2,731
2015年(平成27年) [JR 16]2,837
2016年(平成28年) [JR 17]2,854
2017年(平成29年) [JR 18]2,839

駅周辺[編集]

イオンスタイル湘南茅ヶ崎
イオンスタイル湘南茅ヶ崎
中央公園(茅ヶ崎市)
中央公園(茅ヶ崎市)

駅東側は住宅街であり、西側は大型工業団地がある。かつて駅周辺には、東邦チタニウム茅ヶ崎工場や現在のイオン茅ヶ崎中央店付近を通り、トピー工業神奈川製造所等へ続く引込み線が多数存在していた。

公共施設[編集]

商業施設[編集]

事業所[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
相模線
茅ケ崎駅 - 北茅ケ崎駅 - 香川駅

かつては香川駅との間に円蔵駅香川台駅が設置されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR東日本ステーションサービス事業エリア (PDF)
  2. ^ “東日本ユニオンNo.124号” (PDF). JR 東日本労働組合横浜地方本部. (2015年12月6日). http://jrtu-east.org/pdf/yokohama-j124.pdf 2016年3月13日閲覧。 
  3. ^ 統計 - 茅ヶ崎市
  4. ^ 神奈川県県勢要覧
  5. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移

出典[編集]

JR東日本の2000年度以降の乗車人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]