北田卓史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北田 卓史(きただ たくし 1921年1月12日 - 1992年 男性)は、日本のイラストレーター。東京都に生まれ、東京工業専修学校機械科(今の東京工業大学附属科学技術高等学校)卒業。

児童文学の挿絵を多数描いた。マジックのような単一な線、四角い眼、いまいち無機質な表情、大人を描いても手足が短い子供のような等身などが特徴。

乗り物をテーマにした作品が多い。中でもタクシーが好きで、代表作の一つ「車のいろは空のいろシリーズ」もタクシーの話。卓史は本名でなく、タクシーから命名したとされる。イラスト右下の署名は「TAXI」。

児童美術科連盟会員。1958年1959年日本童画会賞、1962年小学館絵画賞佳作賞を受賞。

好きな事はオムレツチャーハンを作る事、嫌いな事は掃除と片付け。

主な作品[編集]

大石真作品[編集]

大石真とのコンビによる作品が多いため、ここでは分けて紹介する。

その他[編集]

単独書籍以外[編集]