北澤鈴春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北澤 鈴春
基本情報
本名 北澤 鈴春
階級 スーパーフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1970-04-10) 1970年4月10日(47歳)
出身地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市
スタイル 右ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 12
KO勝ち 9
敗け 4
テンプレートを表示

北澤 鈴春(きたざわ すずはる、1970年4月10日 - )は、日本の元プロボクサー神奈川県横浜市出身。第14代日本スーパーフライ級王者。現役時は花形ボクシングジム所属。現在北澤ボクシングジム会長。現日本プロボクシング協会事務局長[1]

来歴[編集]

中学時代はハンドボール部に所属。神奈川県立保土ケ谷高等学校に進学し、ボクシングを始めた[1]

1988年9月10日、プロデビュー。

1991年6月17日、日本スーパーフライ級王者鬼塚勝也に挑戦するも、5RKO負けで王座獲得ならず。

1992年2月17日、鬼塚の返上した王座を巡って日本スーパーフライ級王座決定戦で盛川友基と対戦し、判定勝ちで王座を獲得した。

1992年3月30日、左眼の網膜剥離により[1]、日本スーパーフライ級王座を返上し、引退した。

1992年9月、神奈川県川崎市中原区新丸子駅)に北澤ボクシングジムを設立した。同ジムは創立20周年にあたる2012年、全日本新人王決定戦のMVPを輩出した[1]

戦績[編集]

16戦12勝(9KO)4敗

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1988年9月10日 勝利 1R TKO 片桐二郎(新日本サイトー) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 1988年12月12日 敗北 4R KO 鈴木信(三迫) 日本の旗 日本 -
3 1989年6月26日 勝利 3R KO 初芝栄勇(P堀口) 日本の旗 日本 -
4 1989年8月1日 勝利 4R 判定 山崎兼弘(オークラ) 日本の旗 日本 -
5 1989年9月18日 勝利 1R KO 多田誠(笹崎) 日本の旗 日本 -
6 1989年11月10日 勝利 3R KO 伊藤康秋(輪島S) 日本の旗 日本 -
7 1989年12月13日 敗北 3R TKO 田村知範(オークラ) 日本の旗 日本 第46回東日本フライ級新人王決勝
8 1990年2月19日 勝利 2R KO 加来美智男(協栄) 日本の旗 日本 -
9 1990年8月20日 勝利 2R KO 山野健(協栄) 日本の旗 日本 -
10 1990年10月18日 勝利 6R 判定 大蔵秋彦(帝拳) 日本の旗 日本 -
11 1990年12月6日 勝利 2R KO レナト・カバト(仙台) 日本の旗 日本 -
12 1991年3月14日 勝利 8R KO レックス・ラピソ フィリピンの旗 フィリピン -
13 1991年6月17日 敗北 5R KO 鬼塚勝也(協栄) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座挑戦
14 1991年9月3日 勝利 6R KO マウロ・サウセロ フィリピンの旗 フィリピン -
15 1991年11月21日 敗北 5R KO 小池英樹(石川) 日本の旗 日本 -
16 1992年2月17日 勝利 10R 判定 盛川友基(協栄) 日本の旗 日本 日本スーパーフライ級王座決定戦獲得
テンプレート

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “人物風土記 北澤鈴春さん”. タウンニュース保土ケ谷区版. (2013年1月24日号). http://www.townnews.co.jp/0115/2013/01/24/173256.html 2013年1月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
鬼塚勝也
第14代日本スーパーフライ級王者

1992年2月17日 - 1992年3月30日(返上)

空位
次タイトル獲得者
小池英樹