北海道 女だけの相撲大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北海道 女だけの相撲大会(ほっかいどう おんなだけのすもうたいかい)は、北海道福島町で開催されている相撲大会。

福島町は、千代の山千代の富士の2横綱を輩出した町である[1][2]。この相撲大会は、その福島町にある川濯神社(福島大神宮の末社で女性守護の神を祀る)が1991年に創建500年を迎えた際に、およそ10年ぶりに催されることになった奇祭である〈女だけの祭礼行列〉の奉祝奉賛行事として、福島大神宮境内の鏡山公園にある土俵で開始されたもので[3]、毎年5月の第2日曜日(母の日)に開催されている[4]

競技に参加できるのは、18歳以上の女性に限られる[5]。福島町観光協会が主催しており[5]、北海道、福島町、福島町商工会、北海道新聞函館支社、函館新聞社などが後援している[6]2003年まで弟子屈町で全道女相撲選手権大会が行われていたために、第13回までは〈南北海道女だけの相撲大会〉という名称で開催されていた[7][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道)女性パワー全開ではっけよい 福島で相撲大会”. 朝日新聞社 (2018年5月14日). 2018年11月4日閲覧。
  2. ^ 「女だけの相撲大会」で熱戦 母の日、子供たちの声援も”. 産経新聞社 (2017年5月14日). 2018年11月4日閲覧。
  3. ^ 女だけの相撲大会 福島町”. 福島町. 2018年11月4日閲覧。
  4. ^ 第27回 北海道 女だけの相撲大会”. 福島町. 2018年11月4日閲覧。
  5. ^ a b 第25回 北海道 女だけの相撲大会”. 福島町. 2018年11月4日閲覧。
  6. ^ 第24回 北海道 女だけの相撲大会”. 福島町. 2018年11月4日閲覧。
  7. ^ 第14回 北海道 女だけの相撲大会”. 福島町. 2018年11月4日閲覧。
  8. ^ 第13回 北海道 女だけの相撲大会”. 福島町. 2018年11月4日閲覧。