北海道職業能力開発大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道職業能力開発大学校
画像募集中
創立 1986年
公共/認定 公共職業訓練
訓練の種類 高度職業訓練
施設の種類 職業能力開発大学校
設置者 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
所在地 北海道小樽市銭函3-190
訓練課程 専門課程
応用課程
専門短期課程
ウェブサイト 北海道職業能力開発大学校公式サイト
テンプレートを表示

北海道職業能力開発大学校(ほっかいどうしょくぎょうのうりょくかいはつだいがっこう)は、北海道小樽市銭函3-190にある職業能力開発大学校独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が運営している。愛称は『北海道ポリテクカレッジ』、略称は『北海道能開大』。工業系の授業が実施されている。

沿革[編集]

訓練科[編集]

専門課程[編集]

機械システム系
  • 生産技術科
電気・電子システム系
  • 電気エネルギー制御科
電子情報制御システム系
  • 電子情報技術科
居住システム系
  • 建築科

(注)平成21年度より入学金(入校料)169,200円が必要[1]

応用課程[編集]

生産システム技術系
  • 生産機械システム技術科
  • 生産電気システム技術科
  • 生産電子情報システム技術科
居住・建築システム技術系
  • 建築施工システム技術科

(注)平成21年度より入学金112,800円が必要[2]

在職者訓練[編集]

2009年4月現在、在職者訓練として、ものづくり分野の能力開発セミナー(高度職業訓練の専門短期課程)を実施している。

備考[編集]

  • 本校専門課程および応用課程の訓練生は、学生とみなされ、学割や通学定期券などの恩恵を受けることができる。
  • 同窓会組織として、銭函はまなす会がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]