北海道立道民活動センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北海道立道民活動センター
かでる2・7
Hokkaido Citizens Actives Center
かでる2・7 (北海道立道民活動センター).JPG
北海道立道民活動センター、かでる2・7外観。
右奥は北海道警察本部庁舎。
北海道立道民活動センターの位置(札幌市内)
北海道立道民活動センター
情報
用途 ホール(521席)、展示ホール、リハーサル室、レクリエーション室、研修室、会議室ほか
施工 北海道建築設計監理株式会社[1]
管理運営 一般財団法人道民活動振興センター
株式会社東洋実業
株式会社キタデン
構造形式 SRC造[1]
建築面積 3,170 m²
延床面積 20,554 m²
階数 地上10階・地下1階
開館開所 1991年11月14日
所在地 060-0002
北海道札幌市中央区北2条西7丁目
座標 北緯43度3分47.1秒 東経141度20分44秒 / 北緯43.063083度 東経141.34556度 / 43.063083; 141.34556座標: 北緯43度3分47.1秒 東経141度20分44秒 / 北緯43.063083度 東経141.34556度 / 43.063083; 141.34556
テンプレートを表示

北海道立道民活動センター(ほっかいどうりつどうみんかつどうせんたー、愛称「かでる2・7」)は、北海道札幌市中央区北2条西7丁目にある文化施設。一般財団法人道民活動振興センターが運営に当たっている。

施設[編集]

  • かでるホール(521名収容)
  • リハーサル室(78m2
  • レクレーション研修室(50名収容)
  • 展示ホール(313m2
  • 会議室・研修室(2階を除く各階)

かでる2・7に拠点を置くセンター[編集]

愛称の由来[編集]

  • 「かでる」とは、北海道方言で「仲間に入れる」という意味。
  • 「2・7」は、北2条西7丁目にあることから。類似のネーミングに北4西5にある「アスティ45」や北1西8に由来するSTVの番組「1×8いこうよ!」などがある。

アクセス[編集]

備考[編集]

  • 「かでる2・7」と北海道庁本庁舎、北海道議会議事堂の間は地下通路で結ばれていて、一般でも通行できる。(ただし階段が多く、悪天以外はお勧めできない。)途中、表記は無いが北海道警察本部の庁舎へ通じる関係者専用の出入り口もある。
  • かでるホールは2010年6月1日より北海道鍼灸専門学校命名権を買収し、「北海道鍼灸専門学校かでるホール」となった。
  • 2012年3月31日を以って北海道鍼灸専門学校が持つ命名権の契約が満期を迎えたため、現在は再び「かでるホール」に戻っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 施工実績. “道民活動振興センタービル かでる2・7”. 北海道建築設計監理株式会社. 2013年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]