北海道立総合研究機構農業研究本部根釧農業試験場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部根釧農業試験場(ちほうどくりつぎょうせいほうじんほっかいどうりつそうごうけんきゅうきこうのうぎょうけんきゅうほんぶこんせんのうぎょうしけんじょう)は、北海道内の農業に関する試験研究等を行うために設置された、地方独立行政法人北海道立総合研究機構の試験研究機関である。中標津町旭ヶ丘にある。

概要[編集]

地方独立行政法人北海道立総合研究機構が設置する農業試験研究機関であり、酪農の試験研究に重点をおき、根室釧路の2振興局管内における地域対応研究を担当する。

沿革[編集]

  • 1927年 - 国費により北海道農事試験場根室支場が標津郡標津村(現:中標津町)に設置される。
  • 1942年 - 北海道農業試験場根室支場に改称される。
  • 1950年 - 北海道へ移管され、北海道立農業試験場根室支場となる。
  • 1964年 - 本支場制を改め、北海道立根釧農業試験場となる。
  • 2010年 - 地方独立行政法人北海道立総合研究機構の設立により北海道から移管され、名称を「地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部根釧農業試験場」と改める。

育成品種[編集]

馬鈴しょ
シレトコ、ワセシロ、コナフブキ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]