市立札幌啓北商業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市立札幌啓北商業高等学校
北海道札幌啓北商業高等学校
過去の名称 札幌市立商業學校
札幌市立商業高等学校
札幌創成商業高等学校
北海道札幌創成商業高等学校
北海道札幌啓北商業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 札幌市の旗 札幌市
学区 北海道札幌市
併合学校 北海道札幌伏見高等学校
(全日制商業課程)
設立年月日 1941年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 未来商学科
学期 2学期制
高校コード 01127E
所在地 005-0841
北海道札幌市南区石山1条2-15-1

北緯42度58分27.5秒 東経141度20分27.2秒 / 北緯42.974306度 東経141.340889度 / 42.974306; 141.340889座標: 北緯42度58分27.5秒 東経141度20分27.2秒 / 北緯42.974306度 東経141.340889度 / 42.974306; 141.340889
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

市立札幌啓北商業高等学校(しりつ さっぽろけいほくしょうぎょうこうとうがっこう)は、北海道札幌市南区にある公立市立)の商業高等学校である。

沿革[編集]

  • 1941年4月14日 - 札幌市立商業學校として、札幌市中央創成國民學校を使用して開校(定時制)
  • 1948年4月1日 - 札幌市立商業高等学校に昇格(定時制)
  • 1950年4月1日 - 札幌工業高等学校に商業課程が併設され、北海道札幌伏見高等学校と改称(全日制)
  • 1950年4月22日 - 札幌市立商業高等学校を札幌創成商業高等学校と改称(定時制)
  • 1955年4月1日 - 北海道札幌伏見高等学校商業課程(全日制)を札幌市に移管、札幌創成商業高等学校(定時制)と合併し、北海道札幌創成商業高等学校として発足
  • 1955年12月23日 - 北海道札幌啓北商業高等学校と改称
  • 1960年8月19日 - 旧校舎(札幌市中央区南24条西10丁目)全館完成。
  • 1980年4月1日 - 定時制に経理専門コースを設置
  • 1980年8月19日 - 南区石山1条2丁目の現在地(旧・石山高等学校跡地)に校舎を新築、移転[1](式典は同年11月に挙行)
  • 2005年4月1日 - 全日制商業科を未来商学科に学科転換
  • 2008年4月1日 - 定時制の募集を停止
  • 2010年4月1日 - 定時制の在校生は、市立札幌大通高等学校へ通学
  • 2011年3月31日 - 定時制課程閉課
  • 2018年4月1日 - 市立札幌啓北商業高等学校に校名変更

学科[編集]

全日制
  • 未来商学科

卒業生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “創立40周年の啓北商高 新校舎が完成”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1980年8月19日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]