北海道教職員組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北海道教職員組合
(北教組)
設立年月日 1946年昭和21年)3月
組合員数 約1万9,000人
国籍 日本の旗 日本
本部所在地 〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西12丁目
2430005002681
加盟組織 日本教職員組合
日本労働組合総連合会北海道連合会
支持政党 民進党

北海道教職員組合(ほっかいどうきょうしょくいんくみあい、略称:北教組(ほっきょうそ))は、北海道公立小学校公立中学校高等学校特別支援学校幼稚園に勤務する教職員で結成する労働組合職員団体)である。
日本教職員組合(日教組)、日本労働組合総連合会北海道連合会(連合北海道)に加盟している。

概要[編集]

北海道教育委員会(道教委)によると、公立の小中学校教諭を中心に約1万9,000人が加入し、組織率は34.2%(2009年10月現在)。道内の教職員組合の中では最大の組合員数を誇り、「管理職を除いた小中学校の教諭では7~8割が組合員」[要出典]とされ、「非常に力が強い組織」と評されている[1]1990年連合発足に伴い、共産党系組合員が中心となって、根室支部・釧路支部・宗谷支部・檜山支部が北教組からの離脱を決め、全教加盟の道教組を結成したことにより、共産党系組合員が一気に脱退している。2008年道教委が、北教組・道高教組との間で取り交わしていた労使協定破棄を通告して以後、事実上、勤務条件以外の事項に関して交渉できない状態となっており、組合の要求実現能力が極端に低下している。

関連人物[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『朝日新聞・北海道版』2010年2月17日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]