北楯修哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 北楯修哉 九段
名前 北楯修哉
生年月日 (1912-11-15) 1912年11月15日
没年月日 (1997-01-31) 1997年1月31日(84歳没)
プロ入り年月日 1940年1月1日(27歳)(四段)
棋士番号 24
出身地 山形県鶴岡市
師匠 木村義雄十四世名人
段位 九段
戦績
2017年8月21日現在

北楯 修哉(きただて しゅうや、1912年11月15日 - 1997年1月31日)は、将棋棋士、九段。木村義雄十四世名人門下。棋士番号は24。山形県鶴岡市の生れ。

人物[編集]

順位戦の黎明期、第1期から第5期まで参加。

第2期(1947年度)B級順位戦はA級昇級枠が4名であったが、北楯は9勝3敗・3位で昇級をする。同時昇級者は大山康晴丸田祐三松田辰雄であった。

第3期でA級に1期残留するも、第4期にB級へ降級。さらに第5期にC級への連続降級が決まった時点で引退した。まだ38歳でのことであった。

戦後の難局で日本将棋連盟の理事を長く務め、将棋界に貢献。また、新聞の観戦記などでの文筆活動で活躍した[1]

1992年、盤寿(数えの81歳)を迎える。1993年、九段に推される[2]。1997年1月31日、心筋梗塞のため[1]死去。享年84。

昇段履歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」
  2. ^ 81歳と2日での九段昇段は、存命中に昇段した棋士としては最高齢記録である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]