北條元治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北條 元治(ほうじょう もとはる、1964年4月1日[1] - )は、日本形成外科[1]医学博士[1]セルバンク代表取締役、RDクリニック顧問[2]東海大学非常勤講師[2]である。皮膚の再生医療を専門とする。

長野県[1]飯山市出身[3]弘前大学医学部を卒業した[2]

経歴[編集]

高校時代は実存哲学、神秘・耽美的小説に傾倒した文学青年であった。小説を執筆し、文芸誌に投稿したことがある。大学時代は大学祭で上映する「恋愛映画」を制作し、主人公を演じた。

大学卒業後は形成外科、一般外科で研修を積むが既存医療の限界を感じペンシルベニア大学へ留学をした。帰国後、東海大学で10年にわたり皮膚再生医療の研究・臨床に従事した。複合型培養皮膚事業化の基盤となる培養皮膚の臨床例をほぼ全例にわたり手がけ、現在[いつ?]も培養皮膚の臨床研究を東海大学と共に行っている。

再生医療の産業化には収益事業を確立させることが急務と確信し、2003年、東海大学を辞しセルバンクの前身となる有限会社リダームを立ち上げた。再生医療が世の中に出て社会貢献するには研究者の役割が最も重要だが、成果をビジネスに落とし込むことも同様に重要であると考え、医師でもあり再生医療の研究者でもある自身が、この役割を果たそうとしている。

著作[編集]

単著[編集]

監修[編集]

所属[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 北條元治|UE ENTERTAINMENT”. ウエ・エンタテインメント. 2016年12月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i RDクリニック顧問 北條元治 肌の再生医療RDクリニック”. RDクリニック. 2016年12月27日閲覧。
  3. ^ 北條元治. “北條元治”. 2016年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]